戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

2015 4月 地方選結果 重点政策


県会議員として送り出していただきました。

神奈川県議会は日本共産党0議席から6議席へと躍進しました。 詳細はこちらです。

横浜市議会の方もトップ当選の白井まさ子さん始め5から9議席へと伸ばしていただきました。

詳細はこちらです。

ご期待に応えて、公約実現、県民の声で動かす県政をめざしてがんばります。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

●大山奈々子の重点政策

★中学卒業まで医療費の無料化。
  小児・ひとり親・重度障害者医療費助成拡充。
  身近で受診できる地域医療支援体制の確立。
★自校方式であたたかい中学校給食の実現。
  県立高校の削減NO、耐震化YES。
  少人数学級の実現。認可保育園の増設。
★特別養護老人ホームの増設。高齢者の医療費負担軽減。
★地域に根をはる中小企業支援の拡充、公契約条例の制定、
  住宅リフォーム助成制度の創設。
★太陽光発電など人と自然に優しいエネルギーへの転換。
★教育への政治介入、戦争するくにづくりをやめさる。


【大山奈々子県議候補・選挙公報】

選挙公報には大山奈々子の訴えが凝縮して書かれています。是非ご覧下さい。港北区の全候補者の選挙公報は横浜市選挙管理委員会のページで閲覧出来ます。合わせてご覧になれば違いがわかります。
(クリックすると拡大版がご覧になれます)県会港北区大山


【大山奈々子の演説を是非お読みください】

 みなさん、今日は。日本共産党県会候補者の大山奈々子、「命を守る」大山奈々子でございます。
「戦争立法」の国会提案が5月に予定されています。「戦争立法」に不安を感じておられるみなさん。「戦争立法ストップ」――この気持ちを投票で示してください。今回の選挙は、有権者のみなさんご自身が声をあげていただく絶好のチャンスです。ぜひ投票にお出かけください
 安倍政権が準備している「戦争立法」は、日本が外国から侵略された時に日本を守るための法律ではありません。安倍政権の「戦争立法」は、アメリカが海外で戦争する時に、アメリカを応援して日本が参戦するための法案です。「侵略戦争法案」です。そんなことになれば、アメリカ軍基地のある神奈川県は攻撃され、テロ攻撃対象になってしまいます。平和な市民生活は失われてしまいます。私は日本が殺し殺される国になることはゆるせません。

(大山奈々子の演説、続きは 演説原稿  からお願いします)