戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

公明党に頼まれるけど…

2014年12月10日

綱島でおもしろい会話をしました。

マイクでの訴えがひと段落したころ、じっとチラシに見入っている方がいらっしゃったので、「今の政治、何が問題だとお思いですか?」といつものように聞いてみました。

(この質問、おもしろいことに、しばらく考えて「もうっ、何もかもよ!」「全部!」などという回答が多いですね)

 

ご婦人「私はね、ずうっと共産党」(質問の答えではないんですが(´・ω・`))

私「あ、それはそれは。ありがとうございます」

ご婦人「私のまわりは7割が公明党でね、毎回頼まれるけど入れるのは共産党なの」

私「あ、それはそれは。(口癖?)投票箱の前では自由ですものね」

(これ、ほんとにしがらみ投票とでもいいましょうか、頼まれたから入れなきゃって、そこに主体性はないのかと思う事多し。企業ぐるみ選挙なんかも。有権者が数えるほどしかいない選挙ならだれが入れたかわかるだろうけれど、団体のしばりやしがらみから脱皮して投票台の前で改めて考える自由はないのか。このご婦人はそれを手にしている)

ご婦人「終わったらお礼を言われるから心苦しいんですけどね」

私「なるほどね…でもね、心苦しくないですよ。なぜなら共産党が伸びた方が公明党のみなさんのことも助けてあげられますから。」

ご婦人「そうね!それ聞いたら安心したわ」

私「そう安心して共産党に入れてください(*^-^*)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、街角で自分にむけられた悪意に出会う時、考える。そういうことがたまにある。手を激しく振ってチラシを拒絶されたり、舌打ちされたり、今日は「共産党サイテー!!サイッテー!!」とお声掛けいただきました。ご心配なく。私はそういうのはさっぱり平気なので。自分でも怖いくらい、悪意に満ちた反応や恫喝といったものに怯(ひる)みません。でも、考える。

宗教は、信じるものが救われるけれど、共産党は、共産党に舌打ちする人も共産党の候補者のポスターに大きく✖をつける人も救うのだ。かっこいいではないか。

 

DSC_1003

DSC_1000

写真は女性後援会のみなさんと新横浜デッキで。

141209菊名01

これは菊名のお帰りなさい宣伝。公選法では8時以降音が出せないのでマイクなし。

市会議員の白井さんが知らない間に撮影してくれていたらしい。この東口はバス待ちの人が一定時間たちどまるので、まとまった話がしたくなる。

音が出せないから肉声でお帰りなさい、といっていたんですが、またまた集団的自衛権とか雇用のルールを守らせる話とか、党躍進で変わった話とか、やってしまいました。肉声ですると喉を傷めがちでちょっと考えたんですが、やってしまいました。総勢6人の宣伝だったんですが、

なんと、1時間で100枚もチラシがまけたんです!これは画期的。若い人たちがとくに手を伸ばしてくれました。

一番チラシがでたネタは、新横浜でもそう感じましたが、政党助成金の話をしたとき。これ、今キテマス。

国会議員がお給料の他に年に4500万円も!国民から強制カンパさせる。私の250円も半分は自民党に。年間320億。議員300人分の給料に相当する。身を切る改革で国民の意思を切るのではなく、本当にきるつもりなら、政党助成金を切れといいたい!(マイクがない分、やや、言葉がきつくなっとります。)

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 中村 孝より2014年12月10日 06時35分

     一時間で100枚とはすごいですね。昨夕、京王稲田堤駅前で肉声の宣伝しましたが、とても及びません。訴える人柄にもよるのでしょう。 
     でも、私は「鵜沢方式」でチラシを配ります。少しは効果があります。
     それはもう何年も前、読者の広場に調布市のUさんが投稿した内容です。
     相手の顔、目を見て、あいさつをしてチラシを差し出します。受け取ってくれたら、「ありがとうございます」と声をかけます。
     Uさんはさらに、身なりもしっかりしていくとも書かれていました。

  2. 大山奈々子より2014年12月11日 02時30分

    中村様

     鵜沢方式、いいですね!私はありがとうございますが、間に合わないことがあり、反省です。
    今夜は、8時以降は肉声でも政策をいうのはだめだと警察から指導が入り(昨日の駅が華々しくやっていたので何らかの意見が行った模様)訴えをなくした別の駅では受け取りは激減しました(´・ω・`)

  3. 真野真作より2015年09月19日 15時53分

    水の話になりますが、今天然水はサーバーからとる天然水よりもペットボトルで飲料されることをお進めいたします、現代のゼコウロウヤクと云われるメーカーサイズダウン天然水はポリィフィノールの粒子が小さく脳に酸素を送りやすい天然水であります、是非とも飲料水として仕様されることをお進めいたします、

  4. 大山奈々子より2015年09月20日 00時51分

    真野さん

    まさに一般質問の時に水を飲んだのは、飲まずに30分近く原稿読むと酸欠気味で脳に酸素が欲しいと思ったからでした。でも…ゼコウロウヤク?
    正しい名前はサイズダウン天然水?どこにうっているのかしら?

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA