日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

県民の声がどう扱われたか。陳情請願結果

2020年7月22日コメント 0

コロナ危機の下では人々が集まれないという事情もあり、いつもより陳情や請願は少なかったという気がしますが、切実な要望を持つ方たちから第2回定例会に寄せらえた請願陳情に関する審査結果です。

このオール与党な展開は珍しいことではないのです。県議になって5年。毎回基本この感じです。県民のみなさん、いいんですか?拡散希望です。いいね!より、シェアしてください。できればTwitterやインスタ、あらゆる手段で拡散お願いいたします。

思えば、共産党県議団が議席回復後、すぐの年は、傍聴者の住所氏名が議員に回覧されていたり(!)、傍聴が許可制でしかも「傍聴者を入室させます」だったり、それを「傍聴者に入室いただきます」に変えさせ、ついに傍聴許可制を無くしました。委員会のネット中継も始まりました。閉ざされた伏魔殿が少しずつ少しづつ開かれてきています。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

横浜市×横浜市選出県議 みなと会が開かれました。花博のことなど。
横浜市×横浜市選出県議みなと会が開かれました。花博のことな...
NEW
コメント 0
日本共産党神奈川県 保育・子育て後援会総会
日本共産党神奈川県保育・子育て後援会総会
NEW
コメント 0
特別支援学校の新設が答弁されました!
特別支援学校の新設が答弁されました!
NEW
コメント 0

    コメント

    • 石井洋二 より:

      貴重な資料調査に裏付けられたリアルなご報告ありがとうございます。大山議員の孤軍奮闘の姿がにじみ出ています。

      • 大山奈々子 より:

        ありがとうございます、歴史を正しく伝えようとした先人の努力の貴重さがわかりました。

    • 大山奈々子 より:

      母には母の生活、私には私の生活がそれぞれの土地でありますので、双方が選んだくらしかただったのですよ。

    過去記事一覧

    PAGE TOP