日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

再度の緊急申し入れ・県からの委託料問題

2020年8月7日コメント 0

感染拡大に伴い、感染震源地への徹底したPCR検査の実施など医療面で健康医療局長に緊急申し入れを行ったのが8月4日。この時すでに各団体との懇談で、その他の分野についても緊急に手を打つべき課題が見えていたので、再検討して再度6日に第8次の知事への申し入れを行いました。

健康医療局長へ。県党のコロナ対策本部長浅賀氏も同席
8月半ばにならないと補正予算の医療機関支援が執行されないと。窮迫している実態を示して急ぐよう申し入れ

私は、かかりつけ医が検査の可否判断ができるようになったにも関わらず、現実にはかかりつけ医にコロナで受診することすら困難なたらい回し事案が見られることを伝え改善を求めました。制度ができても実施されるかは別です。

知事室長へ。県党のコロナ対策本部副本部長沼上氏も同席

私がここで強調したのは、本当に全庁的な課題です。ぜひブログをお読みの皆さんと共有したいのでその部分を詳しくお知らせします。


緊急事態宣言を受けて県有施設他の休館、イベントの中止などの影響で契約していた委託業務が履行できなかった際に、委託料を全額返還したり払ってもらえず、運営に支障をきたすケースがみられる。

しかしながら、委託業務の標準契約書には、「契約書に定めがない場合には双方協議のうえで合意すること」という一文が入っている。この趣旨をふまえ、受託事業者と丁寧に協議することを各事業所管課に通知すること。


この趣旨の徹底を求めました。受託側は立場が弱かったりして黙って納得させられてはいないか。

緊急事態には特別の計らいが必要だと知事室長に丁寧に説明しました。

実際にコロナ本部のみなさんが懇談した中で経営上のそういう苦悩を聞きました。基本的ルールの担当課がわからず何本も電話した挙句、会計局指導課に教えてもらったルールでした。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

スガちゃん報道とメディアリテラシー
スガちゃん報道とメディアリテラシー
NEW
コメント 0
月例マラソン大会のそばで罵られ、夜の大倉山で嘆かれる。
月例マラソン大会のそばで罵られ、夜の大倉山で嘆かれる。
NEW
コメント 0
沼上衆院予定候補来る!カジノも!
沼上衆院予定候補来る!カジノも!
コメント 0
  • コメント

    • 神奈川県社会福祉協議会を訪ねる[27](2020年7月25日投稿)
      • 大山奈々子より斉藤さん コメントありがとうございます。 申し込み受け付けはいつでしょうか。お問い 合わせは県社協にされましたか? 横浜市の各区社協が受けて県社協が...(2020年9月27日投稿)
      • 斉藤より総合支援資金延長を申込みしました。社協に 電話しても審査に落ちたか、振込みはいつか きいても教えてもらえませんでした。...(2020年9月25日投稿)
    • 牛たち寂しくないか…津久井農場?計画[2](2020年7月29日投稿)
      • 大山奈々子より一宮さん コメントありがとうございます。 駆けつけてくださったんですね。上野議員も 一般質問で取り上げましたが 国の林地開発許可基準は正しいの一点...(2020年9月27日投稿)

過去記事一覧

PAGE TOP