日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

コロナ第9次要望と入院優先度

2020年12月6日コメント 0

神奈川県の医療体制が知りたいというお声があり、書かねばと思いました。まず、神奈川県のHPを張ります。知事が掲げるMASKとか時短営業のお願いはじめ各種支援策が出ていますのでご覧ください。

そんな中でも、支給改善が必要な事項に関して私たち県議団は新型コロナウイルス感染症拡大第3波をうけて、第9次申し入れを行いました。もう1週間前11月30日のことです。

私は、発熱等診療予約センターの設置には感謝を述べつつ、小学校で感染者がでてもPCR検査の範囲が学校によってばらばらになっている実態を聞いていたので、政令市も含めて広範囲な一斉検査の徹底を求めました。

県委員会の浅香由香コロナ対策本部長は、大学関係者から聞いた、コロナ感染した受験生は再受験の機会を設けられないとの声を紹介。一生がかかってくる問題だと緊張感をもった対応を求めました。戸塚区の元高校教員の大和田さんは特別支援学校の子どもたちが感染対策が難しい側面をのべ、教育局との連携を求めました。対応していた方がメモを取っていないことが気になりました。

また、健康医療局側からは、病床ひっ迫をうけて、医療提供体制を維持するために、新たな入院基準を設けたことが語られました。入運優先度を判断するスコアを設け、患者急増期には優先的に入院してもらう患者と宿泊療養施設や自宅で療養してもらうことに。この目安だと現在の入院患者の半数が除外されることに。

止む無い面がありつつも、抜本対策ではないので、病床とスタッフの確保に努めていただきたいものです。そのためには国の財政支援も欠かせません。冬場は脳梗塞や心筋梗塞の患者も増えます。コロナ対応の病院もそれ以外の病院も受診抑制が引き起こす諸問題、医療従事者の疲弊が気になります。GO toキャンペーンを6月まで延長する財政力はコロナ対応へ。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

比例カーで緑区青葉区を回って考える クリーンな政党である強みをぜひ。
比例カーで緑区青葉区を回って考えるクリーンな政党である強...
NEW
コメント 0
🎃【共産党神奈川県議団ディスプレイ】& 決算視察 津久井やまゆり園
🎃【共産党神奈川県議団ディスプレイ】&決算視察津久井やまゆ...
NEW
コメント 0
#ハロウィン選挙で政権交代
#ハロウィン選挙で政権交代
NEW
コメント 0

    コメント

    • ハタノナオミツ より:

      どうして直ぐに一緒に居ないのですか。お母さんはそれを本心から望んでいます。
      会えば全てが終わると思っているのですか。
      良いじゃないですか。お母さんは本心からそれを望んでいます。 古希

      • 大山奈々子 より:

        母には母の生活、私には私の生活がそれぞれの土地でありますので、双方が選んだくらしかただったのですよ。

    • 大山奈々子 より:

      ウィキペディアの情報の中には信憑性が疑わしいものもあります。
      他の国々はどこが作っているかわかりますか。それぞれですよ。

      どこが設立しようとも、今、県内朝鮮学校で行われている教育は民俗教育に加え、日本の学習指導要領に則った
      通常の教育です。これは本来、私学教育は私学任せでいいものを神奈川県が何度も確認しました。
      子どもたちが自国の歴史や言語、民俗を知るために学ぶ在外の外国人学校で朝鮮学校だけを差別することが問題なのです。
      日本に向けて原爆を落とす、戦闘機を売り込む国は問われませんか?
      日本の領海を侵犯する国は問われませんか?

      どの国にも問題があり、負の歴史があります。
      政治に関係なく、国家間の関係性とかかわらず子どもたちが
      学びたい場所で学ぶことを邪魔してはなりません。

    過去記事一覧

    PAGE TOP