日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

港北区議員団会議

2021年2月6日コメント 0

■区選出市議県議が一堂に会して区の課題を報告を受けたり質問したりという場面です。感染拡大防止の観点からこれもオンラインでの開催となりました。

新型コロナウイルスの感染状況で、区は市内ダントツの発生率だけれども、人口比では全区の中で中程度という報告がされました。それでも449.6/10万人だそうです。重症者は10%と。私の質問はこの棒グラフでは減少傾向に見えるけれども、積極的疫学調査(感染経路の割り出し)が国からの通知で縮小されている中で、このグラフ通りに減少傾向とは診られないのではないかと福祉保健センター長に聞くと、病院からの報告なので症状のある方が減っているのは確かだという回答でした。

(裏をかえせば病院につながりきれない無症状者は別に考えないといけないということです。)

■また、マイナンバー普及にどれほど工夫されているかという報告もありました。マイナンバー交付窓口に従事する会計年度任用職員を11から32名に拡充して、新横浜のビル内に臨時窓口を設置して普及に努めています。

私は、「不安があって申請しない人もいる。実務上、マイナンバーカードがないと受けられないサービスはあるのか」と聞きました。これに関しては担当からは把握している限りではカードがないと受けられないサービスはないと。他の書類と併用が可能なことを確認しました。信用置けない政府の下で個人情報を一括管理されることに不安をいだくのは至極当然です。

■ そして現在第4期港北区地域福祉保健計画 通称「ひっとプラン港北」の素案に対する意見募集中だと紹介がありました。こちらからご意見を。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

君嶋議員の一般質問 生活福祉資金の不承認理由開示へ!
君嶋議員の一般質問生活福祉資金の不承認理由開示へ!
コメント 0
コロナ対策プロジェクトin港北💛
コロナ対策プロジェクトin港北💛
コメント 0
井坂団長の代表質問 生活保護扶養照会の柔軟な運用実態を答弁
井坂団長の代表質問生活保護扶養照会の柔軟な運用実態を答弁
コメント 0
  • コメント

過去記事一覧

PAGE TOP