日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

走り出した連帯の市長選 山中竹春さんを先頭に 協定書調印。

2021年7月25日コメント 0

25日、関内ホールで「市長選勝利をめざす市民のつどい」が開かれ、大ホールが熱気に包まれました。カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会主催です。

経過が不透明だとのご批判もありますが、政党間での調整がやっとついて、ともに闘う基盤を確認できた会でした。市民の会世話人代表の岡田弁護士のあいさつで始まり、立憲民主党江田氏、日本共産党 畑野氏、社会民主党 森氏、緑の党 石崎氏 新社会党 秋田氏、カジノ誘致反対ヨコハマ連絡会 菅野氏 ストップカジノ市長選共同アクション 青島氏らがあいさつされました。

江田さんの話は、何人かが他の候補がカジノ反対と言わざるを得なくなったのは市民の署名活動の成果、中にはエセ反対がいる。山中さんは市大という市の組織の中にいて署名活動をするわけにもいかなかった。思いは強く持っていた。何よりハマのドン横浜港運協会の藤木さんが山中さんを本物のカジノを止める人として選んでくれた、と紹介。緑の党の方からはデータサイエンスの仕事をして市にも貴重なデータを提供しても生かされなかったことが彼の立候補につながったのではないかと推察する。という話などがありました。

そこで某区内駅頭で署名活動中に、横浜市大の若手医師から話しかけられたことを思い出しました。「私たちは林市長が誘致宣言する二年前からギャンブル依存対策チームを作るよう市から依頼されていた」と。やる気満々でしたね。(私たち仲間はカジノの調査費を毎年1千万近く計上してきた林市長が選挙の時になって「IRは白紙」など微塵も信じていませんでしたが)そんなことを依頼された大学人として思うところがあったのかななど考えながら聞いていました。

山中さんご本人は子育て世代として、保育園の待機児童数のごまかしや、自身が親にお弁当を作ってもらわねければならず申し訳なかったという思い、高齢者の社会参加の足の保障、など生活者の目線で語られました。そして、やはり「私を育ててください」という訴え。これをご紹介したSNS上で、悠長なことをいうなというご意見をいただきましたが、どんなベテラン政治家でも住民に育ててもらうという姿勢をわすれてはならないと私は考えます。そして、大切なことは「市政運営と政策の基本に関する協定書」が市民の会と山中さんの間で調印されたこと。山中さんの政策はご本人のHPで確認していただくとして、協定書はこちらです。横浜市内を飛び回りながら楽しいという山中さん。それは市民のみなさんの生の声が聴けるからだと。この感覚に期待したいと思います。そしてこれだけ政党がバックアップしていれば、即戦力になることは間違いありません。私は県議としてご本人にご挨拶する機会がありましたが、横浜市以外からもカジノ反対の署名が横浜市に届けられている、市政問題にとどまらない問題なのでよろしくお願いします。市民目線を大事にしてください。と伝えました。

ここに協定書を張りますがまだ誕生させる会のHPにアップされておらず、私がいただいた資料のスキャンで、読みづらく申し訳ありません。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

サッカー女子プロ「WEリーグ」を知る (*'▽')神奈川県議会女性活躍推進議員連盟研修会
サッカー女子プロ「WEリーグ」を知る(*'▽')神奈川県議会女性...
NEW
コメント 0
年に一度の代表質問 答弁を受けてからの時間を捻出&県議団リレー
年に一度の代表質問答弁を受けてからの時間を捻出&県議団リレー
コメント 0
中学校給食のゆくえ 23分10秒
中学校給食のゆくえ23分10秒
コメント 0

    コメント

    • 大山奈々子 より:

      ウィキペディアの情報の中には信憑性が疑わしいものもあります。
      他の国々はどこが作っているかわかりますか。それぞれですよ。

      どこが設立しようとも、今、県内朝鮮学校で行われている教育は民俗教育に加え、日本の学習指導要領に則った
      通常の教育です。これは本来、私学教育は私学任せでいいものを神奈川県が何度も確認しました。
      子どもたちが自国の歴史や言語、民俗を知るために学ぶ在外の外国人学校で朝鮮学校だけを差別することが問題なのです。
      日本に向けて原爆を落とす、戦闘機を売り込む国は問われませんか?
      日本の領海を侵犯する国は問われませんか?

      どの国にも問題があり、負の歴史があります。
      政治に関係なく、国家間の関係性とかかわらず子どもたちが
      学びたい場所で学ぶことを邪魔してはなりません。

    • 大山奈々子 より:

      石川さん

      おっしゃること、ごもっともです。神奈川は私学問題は教育局ではなく、福祉子どもみらい局に属しています。県内私学事業者の
      支援意識はあるようですが、子どもの学びの保障が必要ですよね。この問題はしかし、どこの党も取り上げているのですが、なかなか進みません。
      私たちも毎年求めていて私学助成の水準は上がってきましたが、神奈川県内どまりです。
      引き続き広く求めて行きたいと思います。

    • 大山奈々子 より:

      あるくさん

      全国統一の基準…神奈川県は当然通知されると思っていましたが、確認しますね。
      都道府県社協によって多少の違いはあると思いますが。
      神奈川県では総合支援資金の不支給の理由は、求めがあれば開示するよう改善してくれたんですよ。
      これは他県に先駆けた改善でした。
      再申請の通知については調べますね。

    過去記事一覧

    PAGE TOP