日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

緊急事態宣言下の夏休み後の学校再開 文教常任委員会

2021年8月27日コメント 0

臨時の文教常任委員会。緊急事態宣言下の夏休み後9月12日までの学校再開を受けて気になることを質疑しました。私の質問の中身のほかに他会派の質疑で明確になったことも合わせてご紹介します。

●県教委には学校を開くなという声と開いてほしいという声の両方が届いている●文科省は「子どもたちの健やかな学びの保障のために地域一斉の休業は避けるべき」と。

★県立高校

●昨年の一斉休校のようなことはせず、学校の判断。●分散登校で 高校の場合1、2年生は週に1回の登校、3年生は受験のこともあり週に2回。他に時間短縮やリモートワークを含む。学校に配備している端末を貸し出す モバイルルーターを貸し出す●Wi-Fi環境がない家庭は2割。県は何らかの支援を検討する●感染を恐れての登校自粛は基本欠席扱いにはしない。●部活は原則禁止。でも関東大会や全国大会なとを控えている部活は例外扱いできるかも校長と相談●ウレタンマスクはスポーツの時には適している。ウレタン、布、不織布それぞれの特徴を伝える。不織布は入手出来ていると考えるが、忘れたり事情のある子は学校で配る用意がある。●全換気のために常に二か所のドアをあける、それが叶わない場合は30分に一度換気を行う。●消毒作業を教員だけにゆだねず業務アシスタント、スクールサポートスタッフなど全校配置を考えていく●感染者が出た場合の集中検査は対象を広げていく方向●休み明けに子どもたちが困ったことなど相談できる場や方法を検討するべき LINE相談などいくつかの方法が示されました。

★特別支援学校

●時差登校や短縮授業で工夫する●児童生徒にとって居場所という意味合いがあるので休校にはしない。●教育相談コーディネーターが随時家庭と連絡を取り合っている

★市町村立学校

●これまでも県教委の考え方や方針を県立学校はもとより市町村教委を通じて公立学校に周知を図ってきた

★教職員のワクチン接種

●身体的接触の機会が多くある特支において希望する教職員への機会を確保/大学の職域接種ですべての高校教職員への接種機会を確保/県立学校では県の大規模接種の対象者の接種対象を拡大

接種率はワクチンの接種については任意であることからかかりつけ医や自衛隊の大規模施主会場の接種状況は把握していない/希望者数を把握している3200人 11400人に対する割合は28% 残る8200人の接種については一般的には29%が接種していることを換算すると推定 5割 

★子どもたちのワクチン接種

子どもたちのワクチン接種子どもたちへのワクチン接種の見解は、県内の感染状況を踏まえると十分検討しなければならない有効な手段。/ワクチンの供給状況が不十分という問題もある 9月末までには一定量のワクチンが確保できる見込みなので前向きに検討していきたい。

全般に、感染防止と学びの保障の両輪でという観点が語られ、それに照らせば私はやはり昨年の一斉休校はあまりに問題があったことを検証し反省することが必要だという指摘はしました。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

サッカー女子プロ「WEリーグ」を知る (*'▽')神奈川県議会女性活躍推進議員連盟研修会
サッカー女子プロ「WEリーグ」を知る(*'▽')神奈川県議会女性...
NEW
コメント 0
年に一度の代表質問 答弁を受けてからの時間を捻出&県議団リレー
年に一度の代表質問答弁を受けてからの時間を捻出&県議団リレー
コメント 0
中学校給食のゆくえ 23分10秒
中学校給食のゆくえ23分10秒
コメント 0

    コメント

    • 大山奈々子 より:

      ウィキペディアの情報の中には信憑性が疑わしいものもあります。
      他の国々はどこが作っているかわかりますか。それぞれですよ。

      どこが設立しようとも、今、県内朝鮮学校で行われている教育は民俗教育に加え、日本の学習指導要領に則った
      通常の教育です。これは本来、私学教育は私学任せでいいものを神奈川県が何度も確認しました。
      子どもたちが自国の歴史や言語、民俗を知るために学ぶ在外の外国人学校で朝鮮学校だけを差別することが問題なのです。
      日本に向けて原爆を落とす、戦闘機を売り込む国は問われませんか?
      日本の領海を侵犯する国は問われませんか?

      どの国にも問題があり、負の歴史があります。
      政治に関係なく、国家間の関係性とかかわらず子どもたちが
      学びたい場所で学ぶことを邪魔してはなりません。

    • 大山奈々子 より:

      石川さん

      おっしゃること、ごもっともです。神奈川は私学問題は教育局ではなく、福祉子どもみらい局に属しています。県内私学事業者の
      支援意識はあるようですが、子どもの学びの保障が必要ですよね。この問題はしかし、どこの党も取り上げているのですが、なかなか進みません。
      私たちも毎年求めていて私学助成の水準は上がってきましたが、神奈川県内どまりです。
      引き続き広く求めて行きたいと思います。

    • 大山奈々子 より:

      あるくさん

      全国統一の基準…神奈川県は当然通知されると思っていましたが、確認しますね。
      都道府県社協によって多少の違いはあると思いますが。
      神奈川県では総合支援資金の不支給の理由は、求めがあれば開示するよう改善してくれたんですよ。
      これは他県に先駆けた改善でした。
      再申請の通知については調べますね。

    過去記事一覧

    PAGE TOP