日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

神奈川県、包括的性教育への道❣一般質問

2022年2月27日コメント 3

2月22日は一般質問に立ちました。痴漢対策、性教育、パートナーシップ、生理用品、女性の活躍応援団、と介護保険制度、若者の学びを支える県営住宅、加齢性難聴の補聴器購入補助等一般質問でとりあげました。ジェンダー平等と生活困窮者支援を二本柱に前者で大きな前進、後者でほんの少し前進を得ました。担当課と事前に丁寧に対話を重ねた結果です。

シンプルに書くと、●痴漢対策→警察はやっている。地域でも取り組む●性教育→包括的性教育への道開かれる。●性暴力の支援センター→医療連携を強める。●パートナーシップ→やらない。市町村がやっていて人口カバー率93%だから(これには要望のところでしっかり問題点を指摘しました。)●生理用品→私立学校にも!!●女性の活躍応援団→(コロナ禍で長く会議がもてていなかった)行動宣言を各企業に検証してもらう。

●介護保険制度→食費補助など補足給付の見直しをやめて元の制度に戻すことは国に言わないが、社会福祉法人が申請する補助制度について調べる際に、補足給付見直しによる影響も確認する●若者の学びを支える県営住宅→知事の判断次第で条例帰れば若者支援が可能なのに踏み切らず●加齢性補聴器の購入支援を→補助制度は作らない。でも補聴器相談医や認定補聴器技能者のことは紹介していく。

特筆すべきは、妊娠に至る経緯は教えない、と従来の文科省の歯止め規定に沿う水準だった性教育が、より実践的に、自他の尊厳を認め合う形に進化していくことになっていきそうなこと。手引きの改定に専門家の知見をという私の提案は担当課の意識とかみ合い、さらに現行の性教育では学校でも家庭でも実践的に教えられていないという東京都教委の調査結果、秋田県や福岡県では学習指導要領の中身を越えての取り組みが広がっている例を示して追求。今後の発展形が答弁されました。

質問を練るうえで、東京都教育委員会の中学校校長へのアンケート調査、秋田の先進例を視察した無所属議員さんの発信、秋田県の所管課に問い合わせた話など多くの情報を参考にさせていただきました。

今回、痴漢対策は、現状を認識してもらおうと、共産党東京都委員会が2020年に4か月間行ったwebアンケートを関係者にいくつもコピーして提供し、問題意識を共有してもらいました。被害の実態について共通認識を得ることが施策推進の力になったと思います。警察の答弁はいわゆるもうやってます答弁。地域でのとりくみはやっていきます程度。でも水面下で丁寧に何が必要か担当課に伝えることができました。地域連携についても意識を持ってもらうことはできました。初めて議会で正面から取り上げる話だからこそ丁寧な情報提供が必要でそのために共産党東京都委員会のジェンダー平等委員会が行った痴漢実態調査は貴重でした。

生理用品は、コロナ禍の一過性ではなく恒常的な支援を求め、私立学校への拡大が答弁されたことは貴重です。申し込む私立学校に対して行われますので、申請してください。

また、介護保険制度の改悪で補足給付見直しの影響について市町村に確認するという答弁は話し合いを深める中でその姿勢を固めてくれたもので、リアルな実態を市町村が把握していることが大事なので市町村議員とも連携していきたいと思います。

今回の答弁は当初私が求めることに関して担当がいないとか、所管がそもそもないとか、それは難しいと言われたことがいくつかあり、それでも資料を提供したり、話し合いを重ねて前向きに取り組んでくれることを決めてもらった経緯がありましたので、かつてない達成感があります。がまだまだ引き続き追求していきたいと思います。

なお、県議団HPには質疑の全文が載りますのでご覧ください。日本共産党神奈川県議会議員団 (jcp-kanagawa.com)

コメント

  1. 石井洋二より

    質問の全文を読んでいませんが、非常に重要な問題提起となった質問だと思います。個人の尊厳という日本国憲法の根本から性教育の在り方を考える包括的性教育という見地を県議会の場で認知させたのは画期的なことではないかと思います。質問準備の過程がどれほど大切かということを示していると思います(その昔、正森成二さんという代議士が極めて周到な準備で質問をされたことを思い出しました)。しんぶん赤旗の報道では、そのあたりの意義が伝え切れていないと思います。

    • 大山奈々子より

      石井様

      ありがとうございます。ともかくも踏み出してくれたのでどのように具体化できているか県民全体で見守りたいと思います。

コメント投稿フォーム
返信をキャンセルする。
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

相鉄東急直通線フォーラムに参加 郷土愛溢れる空間
相鉄東急直通線フォーラムに参加郷土愛溢れる空間
NEW
コメント 0
特別自治市を学ぶ会の講師を務めました(;'∀')
特別自治市を学ぶ会の講師を務めました(;'∀')
NEW
コメント 0
2022港北平和のつどい 開催
2022港北平和のつどい開催
NEW
コメント 0

    コメント

    • m より:

      日本が朝鮮学校の無償化を条件に
      北朝鮮と交渉したら
      金正恩との首脳会談に持ち込めて
      拉致問題の解決が一歩進むかもしれません。

      是非、この方法を一度、考えてみてください。

      • 大山奈々子 より:

        まったく、少なくとも、北朝鮮が自国の子どもたちをいじめている国の要望を聞くかという話です。拉致問題を真剣に解決する気がないことの表れです。

    • 大山奈々子 より:

      ブログご覧いただいてありがとうございます。
      大変ですよね…。
      総合支援資金は今、時間がかかっているようです。緊急小口資金が支給されているのであれば、要件が整っていないことは考えにくいです。同様のご相談をされた方にもお答えしたのですが、緊急性の高い方を優先することがあるようで、もう少しお待ちください。アドレスの方にご連絡しますね。

    過去記事一覧

    PAGE TOP