戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

成人式のみなさんと、つい幸福実現党のみなさんにご挨拶

2015年1月13日

恒例の成人式宣伝。新横浜駅から会場の横浜アリーナに向かう道で市内の議員候補者らが立ってお出迎えしました。

私の訴えは

昨年の総選挙のお礼をいいつつ、棄権した人が多くてもったいなかった話。

投票率100パーセントだったら自民党VS共産党の構図も可能だったこと。

世の中を変える力をもつみなさんの一票という大きな力を発揮してくださいということ。

2015011210040000

私は子育て中の母であり、高校教師だったので、教育予算の低さを問題だと思っているということ。

先進諸国の中でもGDPに占める教育予算の割合が最低の日本。

先進国17か国は高校も大学も無償。日本は高等教育無償の国連人権規約を批准したから

無償にしていく責任があること。

私も奨学金を受けて大学に通ったがいまや奨学金を借りている学生は5割。

日本共産党国会議員団が共同をひろげてまず奨学金を無利子にすること、望む人がだれでも学べる環境をつくるため給付型奨学金をつくることを目指している。

神奈川県はいま100人を越える議員の中に共産党の議席がない。県民の声が届きにくい議会となっている。

県民に必要な情報を発信し、声を届け、要求実現に向けて奮闘する議席が必要。

全国で一番子ども一人当たりの教育予算がひくい、私学助成を充実し、県独自予算で少人数学級を増やし、中学校給食を実現するために県会に大山奈々子を送ってください。

というようなニュアンスでお話しさせていただきました。

KIMG0236

衆議院議員として送っていただいたはたの君枝さんと、白井まさ子議員とともに、何がおかしかったのか

大笑い中。

この後私は、となりの幸福実現党に挑戦的なスピーチをすることになります。

かれらがこのお祝いの席で中国韓国を敵視し、強い国づくりを訴えていることがいかにも禍々しく聞こえたからです。

本当に幸福を実現するためには近隣諸国と仲良くやっていける力をもつことだと、近頃頻発するテロ事件が集団的自衛権に由来するのだという話をするうちヒートアップして、つい幸福実現党のみなさんに顔を向けていました。

「大山さん。新成人はあっちだよ」と体の向きを変えられる始末でした。(*^_^*)

コメント

  1. 鈴木やすより2015年01月13日 19時20分

    新成人おめでとうございます。
    しかし現実は、高い授業料や奨学金(卒業後ですが)等での若者の貧困問題が深刻だ。アルバイトも遊び目的ではなく生活費のためだという。ブラックバイトの被害も増大傾向だという。ブラックバイトで歪んだ労使関係を学び?(強要され、洗脳されともいうのか?)、卒業後はブラック企業の被害者になるケースが多いという。
    大学のキャリア教育も高校の進路指導も労働法教育がまともになされていない現実。教育問題、奨学金の問題、貧困問題そして「ブラックバイト」「ブラック企業」問題等は全てリンクしていると思う。
    「ブラックバイト」「ブラック企業」対策では本質的な「ワークルール教育」(労働法教育+労働者の権利意識)が必要なのではないかと痛感する。
    防衛費増額を柱とする軍事化政策。優先順位すら分からいアベコベの安倍政権に対して、統一地方選挙で特に神奈川県議会に共産党の議席を複数獲得することは極めて重要なことだと考える。

  2. 加藤リカより2015年01月13日 20時56分

    大山様

    連れ合いが9条を破壊しようとする幸福の党に対して、怒りまくって新成人に対してではなく幸福の党に対して戦闘態勢に入ったという話を聞きました。
    嬉しかったです。こういう先輩をもって・・・大山様とあの日食事した後に別れて家路につく前に話を聞き、涙がポロリ・・・何で国会に押し上げられなかったのか・・・横浜線でマジ泣きをしてしまいました

  3. 大山奈々子より2015年01月14日 00時38分

    鈴木様

    私の友人の息子さんの高校も学校が許しているバイトを部活では許されていなくて、バイトが発覚した子たちに顧問がバイトか部活かと迫ったら、多くの子が部活をやめたと聞いて胸が苦しくなるような思いがしました。
    第一、私たちが高校生のころはバイトって基本禁止でしたが、今は容認されています。格差拡大がその要因でしょうね。
    ワークルール教育!私の目標のひとつです。そのためには権利意識の醸成と、自分のアクションで社会を変えられたという実体験が必要。親の選挙権を介しての疑似体験でも。それを叶えるためにも今ない県議席を奪還しなければ。

                         

  4. 大山奈々子より2015年01月14日 00時52分

    リカさん

    泣かせてごめんね。
    リカさんはやさしいね。っていうか定数⒈の小選挙区でマジ勝利を狙う「ハチのムサシ」精神※がいいね、お笑い武闘派向こう見ず2号になってしまうよ。
    (※わからないよね?ブログでご紹介します。太陽に闘い挑んで負けて死んだハチの話。今見たら私の9歳の時の歌。なんか妙に好きだったんだよね。町内に新聞配りながら鼻歌歌っていた記憶があります。今歌詞をみてもただハチが死んだ話なんだけど詩情あふれる情景と向こう見ずなハチがなんだか気に入っていました)

    でもただ死ぬハチであったわけではなく私たちはあの闘いで勝利を引き寄せたし、どんな体験も無駄なものはない。といいながら実はひそかに私も泣いたのでした。(笑)

  5. 畑 義彦より2015年01月14日 03時44分

    「神奈川から日本を変える」大山さんらしい内容ですね。私ははあの日初めて、師岡・熊野神社に行き、裏山も登りました。(ながめはなかなかのものです)。自分は「保守」をテーマにしているので、新成人を含むお詣りしている人々を見て、日本の伝統はいいと感じてました。(一人たたずむ井上陽水をきどって♪長い坂の絵のフレーム・1000年以上の歴史がある港北のパワースポット・おみくじは大吉でした!!)
    全駅ホームドアの件素晴らしい活動ですね。このような積み重ねが、視覚障害者をはじめとする、障害がある方でも社会参加できるようになる大きな一歩・助け・メッセージになると思います。(僕の好きな内田樹先生(現代思想)の教え「できることからこつこつと」ですね)
    大山さんの信条「政治は愛」。自分の最近のお気に入りワードは「人は弱者へのやさしさを失ったら、鬼畜である」です。(鈴木晶すずきしょう1月のブログコメントから 「愛するということ」エーリック・フロム(1900-1980)の新訳者(1991)(2014.1月2ch100分で名著にTV出演されてました専攻は文学・精神分析学・舞踏学)

  6. 大石烈正より2015年01月14日 13時54分

    大山さん よくぞ幸福の、、に”挨拶”してあげました。わたしも幸福の候補が「沖縄の人たちは米軍基地の周りに勝手に住みついて危ないから無くせと騒いでる」と駅頭で叫んでいるのに出くわし、聞くに堪えなかったです。
     マイクを持っているとき彼らの話が耳に入れば二言、三言”ゴアイサツ”するのは自然です。

  7. 大山奈々子より2015年01月16日 00時48分

    畑様

    師岡神社の裏山?ほお、ながめがいいかもしれませんね。今度行ってみます。宣伝カーでつれていってもらおう(笑)

    畑さん、保守をテーマにされているの?今日まさに某所での会議で、翁らの闘いに触れて、「保守と反動は違う。保守となら共闘できる」という言葉を先輩党員から聞きました。

    私も鈴木晶さんちょっとみてみました。愛するということ、タイトルしか知りませんでしたが面白そうな本ですね。確かに私、言葉として「政治は愛」と語ったことはないけれど、まさにそれですね。私の信条としましょう。
    関係ないけれど、衆院選の時、候補者アンケートで信条聞かれて、「明日は明日の風が吹く」と書いたら、こんなもんでいいのかと仲間に笑われました。これもまた本当に信条なのでしかたないですね。

    今度の県議選では
    政治は愛。明日は明日の風が吹く。と併記することにしますか。

  8. 大山奈々子より2015年01月16日 01時08分

    大石様

    そんなこと言ってたんですか?
    歴史も何も踏まえていない暴論には言葉をなくしますね…。

    志位さんが安倍首相に何を質問しても論理的に破たんした回答をする安倍さんも恐ろしいと思っていますが…

    つい先日、駅頭で「あんたらそんなこというなら(平和外交の話だったか)中国共産党や朝鮮労働党と手を切ってから話しろよ。おんなじだろ。それに戦後すぐ解党してたくせに一貫しているとか嘘いってんじゃねえよ」と言われたことがあり、前者の方は別物だといいましたが聞き入れられず、後者はあまりのことにたじろいでしまいました。
    一貫している証拠をみせろといわれてもね…教科書にも書いてありますけれど。

    あまりにアレな方とは論議にもならず、しかしなんとかせねば。相手にするなという説もありますがなんとかしたいと思ってしまいます。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA