日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

故安倍晋三氏国葬ストップ関係のいろいろアクション

2022年10月1日コメント 0

「これはまるで戦前のようです。『民主的』とされる日本で、『日本は戦争犯罪などやっていない』と主張する男が国葬される。これはドラキュラを国民的英雄として祭り上げているようなものです。それも国民のお金で」

(SONOTAさんのツイートより。こちらです。)

27日 とうとう故安倍晋三の国葬が実施されてしまいました。

冒頭ご紹介したのは、この国葬に合わせたスウェーデン国営放送の特集を日本語訳して紹介してくれている方がいてその方の翻訳の中から引用した一文です。

「メディアでは皆が安倍氏の死を悲しんでいるかのように報道されているが、日本国民は国葬に反対している。その背景には、多くの日本人家庭をメチャクチャにした宗教活動があったのだった」という出だしで始まり、「日本社会が裏で統一教会に動かされてきたという事実は、私にとっては別に驚きではありません。だって今まで何十年もずっとそうだったんですもの」と語る元信者のスウェーデン人(信者だった当時はアメリカ在住)「安倍元総理の銃撃事件のあと、政権与党である自民党の379人の内179人が統一教会と関係を持っていたことが判明しました。そして、政治家と統一教会がつながっているのは日本だけではなかったのです」中略

「世論調査では日本国民の半数以上が安倍氏の国葬に反対しています。その費用は税金から出ており、126万クローナ(16億円)に及びます。この件に関して、コネチカット大学の歴史学教授のAlexis Dubbenさんにお話を伺います」ということでこの歴史学者の方が語ったのが冒頭の言葉です。

私たちは出席を早々に明言しそうだった黒岩知事にも参加するべきでないと申し入れしましたし、横浜の山中市長が参加を前向きに検討していると聞いて地元港北から何人もの市民がファクスを送っていたので私も送りました。時候の挨拶も日頃の執務への感謝も省いた簡易なものです。

私は市長に対して遠慮なく市民の声を届けるというアクションに慣れている地元区民の皆さんを誇りに思いつつ、

本当にカルト(宗教の形を借りた反社会的集団)の共犯者を国葬にすることを許してしまった国、各地の自治体の長も、招かれたからと思考停止でいそいそと参加してしまう、そんな国を真の民主主義国家にしていくことの困難さを思います。

一方で政治的立場の違いを超えて、国葬についてNOをいう国民の方が多いということは大きな希望です。

国葬当日 会議で国会前集会に行けず、県庁前に掲げられた半旗の前で連帯の反旗を翻す私たち。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
NEW
コメント 0
県が補助制度の対象を拡大する価値 & みなと会での…
県が補助制度の対象を拡大する価値&みなと会での…
NEW
コメント 0
ふるさとこうほく 久しぶりまつり
ふるさとこうほく久しぶりまつり
NEW
コメント 0

    コメント

    • マーク より:

      自死事件を重く受け止めた再発防止についてコメントさせていただきます。私は警察署員に限定せず、激務によるメンタルダウンが引き起こす問題を、当人の羞恥心やプライドなどを考慮した方法でケアーすることを望みます。精神の問題については一般的に臨床心理士が認知されていると思います。しかし厚生労働省は、それ以上のスキルを求めて公認心理師の普及を行なっております。

      そこで私は県内の警察機関(警察署、県警)へ公認心理師数名を、分担訪問診療する制度を提案させていただきます。交番勤務署員は警察署で診療を受けます。激務によって視野が狭まり、心身の疲労と睡眠不足から体調不良と抑うつを生じます。素人が不調を感じ取ることは困難です。そこで、私は公認心理師の巡回訪問診療を強く望みます。詳細はURLをご覧ください。激務によってメンタルを患った私の提案です。日本共産党さんのご活躍を応援しています。頑張ってください。
      【厚生労働省ホームページ】
      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

      • 大山奈々子 より:

        マークさん コメントありがとうございます。
        いいアイデアだと思います。勉強させていただきますね。

    • 大山奈々子 より:

      まったく、少なくとも、北朝鮮が自国の子どもたちをいじめている国の要望を聞くかという話です。拉致問題を真剣に解決する気がないことの表れです。

    過去記事一覧

    PAGE TOP