日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

県産材産地見学バスツアーで胸熱❣

2022年12月8日コメント 0

環境農政常任委員時代、県産材の活用のこと、ナラ枯れの課題、21世紀の森の運営、など林業にまつわるテーマの改善を求めてきました。木造住宅協会主催で林業を知るツアーがあると知り、参加を申し込みました。

大磯で県産材の個人宅を見せていただき、相模原市藤野で杉の伐倒を見、林業家や県職員から説明を聞き、相模原市津久井製材工場を視察するコースです。それぞれの場所で大径木の活用や水源税の活用のこと、整理伐のことなど知りたかったことを専門の方々から聞くことができました。

バスの中では各地の自治体と災害仮設住宅の協定を結んでおられる経緯を知り、応急に大量必要な場合はプレハブでも避難が長引くなら木造の居心地は精神面でも違うということで災害時に適切に活用されることが大事だと思いました。東日本大震災の際、県によって仮設住宅でも地元業者を活用し木造で風防室もつくれたところと、他県の業者にまかせた寒々しいところの違いは見てきました。そうせざるを得なかったのか知事の姿勢か。

バスで見た林業の映画も歴史を引き継いで将来につなぐ気概をもった林業者の姿に触れ、製材所で「森を守るクリスマスリース協会」さんに教えてもらったリースづくりとおみやげのオギノパン工場と楽しいことも盛りだくさん。

相模湖公園では念願の相模湖ダム殉職者を悼む湖銘碑を見ることができたのも副産物でした。長洲県知事が設立。相模湖ダム建設で殉職した朝鮮・中国・日本語で書かれたもの。亡くなった方々のお名前もありました。

全木協神奈川県協会の方の「災害の被災者は心も傷んでいる、普段の住宅以上に心をいれて供給しようと思っている」という言葉とともに県土の森林の割合が40%あるという神奈川の魅力と課題を知ったツアーでした。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

町内会の情報交換から
町内会の情報交換から
NEW
コメント 0
新型コロナ特別委員会で、5類のまさか話&働かせ方改善!
新型コロナ特別委員会で、5類のまさか話&働かせ方改善!
NEW
コメント 0
「跳びあがれ!港北」質問コーナー 宿題③
「跳びあがれ!港北」質問コーナー宿題③
NEW
コメント 1

    コメント

    • マーク より:

      自死事件を重く受け止めた再発防止についてコメントさせていただきます。私は警察署員に限定せず、激務によるメンタルダウンが引き起こす問題を、当人の羞恥心やプライドなどを考慮した方法でケアーすることを望みます。精神の問題については一般的に臨床心理士が認知されていると思います。しかし厚生労働省は、それ以上のスキルを求めて公認心理師の普及を行なっております。

      そこで私は県内の警察機関(警察署、県警)へ公認心理師数名を、分担訪問診療する制度を提案させていただきます。交番勤務署員は警察署で診療を受けます。激務によって視野が狭まり、心身の疲労と睡眠不足から体調不良と抑うつを生じます。素人が不調を感じ取ることは困難です。そこで、私は公認心理師の巡回訪問診療を強く望みます。詳細はURLをご覧ください。激務によってメンタルを患った私の提案です。日本共産党さんのご活躍を応援しています。頑張ってください。
      【厚生労働省ホームページ】
      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

      • 大山奈々子 より:

        マークさん コメントありがとうございます。
        いいアイデアだと思います。勉強させていただきますね。

    • 大山奈々子 より:

      まったく、少なくとも、北朝鮮が自国の子どもたちをいじめている国の要望を聞くかという話です。拉致問題を真剣に解決する気がないことの表れです。

    過去記事一覧

    PAGE TOP