戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

ふふふ

頑健な私にインフルエンザ疑惑の息子が言う

2015年2月18日

 

私がインフルエンザの予防注射をしていないと知って大変驚いた方がいました。そんなものでしょうか。予防接種して具合悪くなった夫をみているので、全く気がすすみません。

インフルエンザというものにかかったことがなく、子ども2人がかかっても免れて、ここ十数年風邪をひいたこともない私です。数人で何か食べて私以外が食当たりになっても私は無事だったことが人生で二回あります。胃痛頭痛生理痛、およそ痛みどめの薬というものをのんだこともなし。

ついでにいうと二人の子どもの出産にあたり悪阻(つわり)というものも一切なし。なんというか、痛みに鈍感なのかも。

また、お風呂で寝てしまう癖があったのですが、3晩続けてお風呂で寝入ってお風呂が水になっていたことが昨年あったのですが、それでもさっぱり風邪をひかない、なかなか憎たらしい私です。(故郷の母へ。もうお風呂で寝ていないのでご安心を。)

インフル

ところで先日、息子が「インフルかも」と、学校を休み、緊張が走りました。心優しい息子はきっと、選挙追い込み期の私に移さないか気遣ってくれるだろうと思っていました。幼いころ、夫が発熱した息子を救急病院に連れて行った帰途に「パパ、ありがとうね」とかお礼をいう子でしたから…。

私「あれ?関節痛いの?インフルの可能性あるね…」

息子「そうか…」

(俺に近づかない方がいいよ、とかいうかしら。ごめんね、大事な時にとか、いうかしら…)

息子「よかったぁ、昨日彼女と一緒に学校から帰らなくて。うつすとこだったよ」

私「((((((((;’∀’) だ、だよねぇ! 」

 

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA