戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

センチメンタル観梅会(大倉山)

2015年3月2日

土曜日の朝、息子は学校での自習にでかけるといい、娘も部活にでかけ、夫は家に残り、私はいつものように特に行先を言うこともなく行ってくるねと…。

観梅会で大勢の区民のみなさんにご挨拶しようと、いつものようにあたふたと準備しているときに、 夫が一言。

「そろそろ梅見の季節だな…」

( ゚Д゚)!!(;・∀・)

息子が2歳のころだ…

「昔おばあちゃんと行ったよね…私は今日はそこで活動するんだけどね…」

(;・∀・)(´・ω・`)(;_;)(;_;)

正直、ちょっと泣きそうな気分になった。(/_;)

子どもたちがもはやちっちゃくないという感傷ではなく。

おばあちゃんに不孝してるなあと思ったのと、パパにも寂しい思いさせてるなあとしみじみ思ってしまった。

あ、けどうちの夫は世間の夫のように妻にそばにいてほしい人ではなく、妻は元気で外がいいと本気で思っている人なので、

心配ご無用ではあるのです。

でもね、積極的に共産党を応援しているともいえず、ただ、私の生き方を尊重してくれようという懐深い人であるということなのです。

共産党議席の価値を確信的に信じているわけでもないので、人生をともにすると誓った妻が、あんまりそばにいない昨今の状況について何と思っているかな。私だってきれい好き診断チャートでは、時間があったら部屋をきれいにするタイプ。在宅時間が睡眠時間以外は平均4~5時間しかない状況で部屋は今一つ片付いておらず、ご飯のおかずも減り、家族連れが笑って行き交う行楽地にでかけることもほとんどなくなり、私の家事を軽減しようと眠い目をこすりながら洗濯してくれる…

 

たまにプロ野球選手の食卓がテレビに映り、きれいにかたづいたリビングで10種類ほどもある豪華な食事をきれいに身だしなみを整えた奥さんがかいがいしく用意する番組とかみると、ああ、彼にとってもたった一度の人生にこういう尽くす妻ではなかったのはなんだかかわいそう、そして彼のお母さんであるおばあちゃんにもなかなかなかなか孝行できていないなあとか、(うちの母も立場としてはおばあちゃんなんだけれども、何より党議席の重要性を知る人であるので、私の活動は彼女には励みであって、でもまあ世間並みのおばあちゃんとしての楽しみは最近はないでしょう…)

とか、うじうじ考えたのも自転車置き場まで。風を切って自転車飛ばすうちに政治革新のためにがんばるぞと、意思を固める。働きすぎの夫の自由時間を増やすのも、子どもたちに戦争する国を残さないためにも、子どもたちにも安定した仕事を見つけるためにも、私たちの老後の安定のためにも、悪政のために泣く人をなくすためにも、私がいま頑張ることが大事なんだとペダルに力が入り、前をゆく若者を抜き去った。

 

梅林

大倉山では梅林に向かう大勢の人波にご挨拶し、東急電鉄が会員制テニスコートにしようという話が持ち上がった30年ほど前、梅林守れと地元の大きな運動があり、市議会で日本共産党議員が応援して梅林として守られたことを語りました。篠原台町の県有地が守る議員がいなくて今年度民間売却されることと比べてしまいます。

IMG_0537もと

大倉山の観梅会は小机城址まつり、綱島の桃祭りとあわせて区内3大イベントです。ぽかぽか陽気の中、実にたくさんの老若男女がつどい、踊りありお茶席あり、楽しい光景が展開していました。

タウンニュース社さんが今度白井市議と私の対談を掲載してくれますので、それ用の写真を撮りました。お声かけて撮影にご協力くださったみなさん、ありがとうございました。タウンニュースにご注目ください。

追伸:国語教師時代、「ですます体」と「だ、である体」の混在はだめだと作文指導したものですが、いざ自分のブログとなると、気分に合わせて混在させています。お許しください特に今日は心が乱れたせいか、文体の乱れがあります。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA