戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

4年越しの思いが実って当選できました。

2015年4月14日

CIMG254112日投開票の県議選で無事に県会へ送っていただきました。

前回、議席獲得ならず、その夜は実感なく、翌朝の大倉山宣伝でお詫びを申し上げたとたんに涙があふれて、(13170人もの方が名前を書いてくださったのに、この人波のなかにも書いてくださった方がきっといるのに無駄にしてごめんなさいという思いが湧いて…)仲間のⅯさんの肩で泣いたことは奈々子マンガ に描かれています。

が、この日は、テレビ発表を待ちきれず、開票場まで開票速報を見に行ったそのⅯさんが涙を目に溜めて帰ってきました。大山奈々子の票がたくさん積まれているのを見た歓喜の涙。前回と逆だねといいながら、私を支え続けてくれた彼女の肩を抱いてみんなで泣き笑いしました。

CIMG2543

そうして、当確が出て白井さんと手を取り合い、

     CIMG2546赤旗と神奈川新聞のインタビューを受ける硬い表情の私。「苦しむ県民を観てきました。

公約実現のために力を尽くします。

       CIMG2550この写真の中には、議席を狙って奮闘するも、いろいろな事情で議席獲得ならなかった仲間たちが見えます。私はそういった仲間の思いを引き継いで6議席に躍進させていただいた県議会で奮闘しようと思います。県知事候補の岡本さん、県政の可能性を示してくださってありがとうございました。

白井市議はなんとトップで当選でした。市民要求実現のために奔走する白井さんがトップ当選、当たり前だという思いがつい…(なんかネット上で投票お礼をいってはならないそうなので、それは封印します。)

残念だったのは投票率の低さ。40%そこそこ。まだまだ私たちも選管も頑張らなきゃなと思いました。

    

 

 

コメント

  1. たろうより2015年04月14日 12時44分

    新入生に対して憲法9条の説明を行う共産党のカラオケ9条の会は合法であるとお答えしましたが、例えば筑波大学さんでは以下のような決まりがあります。
    第7条 学生団体は、学内において、 特定の政党を支持し、若しくはこれに反対するための政治. 活動又は特定の宗教のための宗教活動を行ってはならない。
    あなたはどのように思いますか?

  2. 松島 繁行より2015年04月14日 14時31分

    大山 奈々子さん、当選おめでとう。

    遙か彼方、京都府南部からメールを差し上げています。

    これからが重要。

    県民の要求に基づいて、議員としての活動を期待しています。

    亀井さんは、残念ながら当選できませんでした。

    京都 久御山高校 国語科 松島 繁行

    奈々子 引き続き頑張れ!!

  3. 鈴木やすより2015年04月14日 17時16分

    「ひたむきに県政」から「いのちを守る大山奈々子」で県議会当選おめでとうございます。港北区は開票が遅くやきもきしていましたが中区の自宅にてNHKでの当確の瞬間から、いつもクール?(実は案外泣き虫です。人情家のつもり(笑))な私ですが今回ばかりは暫し涙が止まりませんでした。近くに寝ていた妻が心配して起きてきた位です(笑)。こんなに感動で涙したのは何時以来だったでしょうか。
    私はこのブログコメント欄にここ1年弱、何回も偉そうなコメントを書かせて頂きました。ただ本当(本心は)はこの瞬間を待っていました。そのために書いて来ました。決して大袈裟でなく偏に大山さんの当選を願っていました。また大山さんのブログを読むたびに自分の気持ちを鼓舞していのかもしれません。
    私は最近こう書きました。「私には夢がある。大山さんの県議当選という夢が!」今まさにこの夢が実現化しました。4.12港北区に大きな大山桜が咲きました。これも現実化しました。
    以前このコメント欄に書いた私の好きな格言をあらためて書かせて頂きます。
    「忍耐の草は苦い。だが、最後は甘い、やわらかい実を結ぶ」
    (カール・ジムロック:19世紀ドイツの文学者・劇作家)
    「踏まれても根強く忍べ道芝の、やがて花咲く春にあうべし」
    (亡き父親が栃木県の小学校時代によく私に言っていた格言)
    この格言も実現されました。
    これからが本番とおっしゃっている大山さん。私が大山さんと初めてお話した昨年のその翌日には「県議会に共産党の議席が無いことが問題だと思います。」何も分からない自分が偉そうにコメントしました。今回の共産党6議席。大きな躍進です。
    また「党よりも900万県民のため」ともおっしゃっていました。引き続き応援いたします。4.13大倉山からの帰途。天候は雨天でしたが、新たな感動そして期待。神奈川県に時代が変わる予感が胸に去来しました。大山さんと出会いそして日々ブログを読み私自身も少し成長しました。

  4. 印象派より2015年04月14日 20時05分

    お久しぶりです。おめでとうございます!
    教科書問題などに熱心な大山さんを、陰ながら応援していました。
    是非是非、県民のためにこれからもがんばってくださいね!

  5. 大山奈々子より2015年04月15日 01時29分

    たろうさん

    私は個人的には、学内でも政治宗教含め自由な活動は保障されるべきと思いますが、カルト教団の被害等考えれば筑波大のような決まりができるのかもしれませんね。

  6. 大山奈々子より2015年04月15日 01時32分

    松島先生

    亀井先生は本当に残念でした。しかしまた挑戦していただきたいとおもっています。

    翌日の祝勝会では何人かの先輩たちに人生で一番うれしい日とまで言っていただき、感無量でした。
    神奈川の教育予算は子ども一人で考えると日本で最低。十五の春がなかされています。ここも変えていきたいと思います!

  7. 大山奈々子より2015年04月15日 01時36分

    鈴木さん

    私もいつも鈴木さんのコメントに励まされてきました。
    祝勝会では港北初の県議、市会はトップということで大変喜んでくださってみなさんが上機嫌だったことが本当にわたしとしても皆さんの苦労に報いた感じがしてうれしかったです。

    今後ともやわらかい実をむすぶためにご助言よろしくお願いいたします。

  8. 大山奈々子より2015年04月15日 01時39分

    印象派さま

    お久しぶりです。
    応援してくださってありがとうございます。
    今年の夏は教科書の採択換え。国際常識に反した教科書はやめさせなければなりません。
    ちなみに私の旧ブログ「こんにちは大山奈々子です」には教科書のことが詳しく描いてあるかもしれません。項目検索してみてください。

  9. たろうより2015年04月16日 22時42分

    国際常識に反した教科書はやめさせなければなりません。とのことですがそれは具体的に何のことでしょうか?
    竹島を日本の領土と改定したら朝日新聞が猛反発したそうですがそこらへんのことですか?

  10. たろうより2015年04月16日 22時53分

    大学は、政党のものではありません
    大学内で政治的な活動や主張は行なってはいけないと思います
    ましてやカラオケをしようと、新入生を取り込むのは駄目です

    私は大学内院生ですが、私の通う構内で政治的な活動が行われていたら悲しいです
    おそらく私以外の学生も同じ意見だと思います
    まず意識調査のため、駅で「大学内で政治的な活動を行なっても良いか」をアンケートしてはいかがですか?
    県議になった以上、国民の意識とご自身の考えの差を埋める努力が必要であると思います

  11. 大山奈々子より2015年04月18日 00時27分

    たろうさん

    侵略戦争を肯定的に描いていることです。http://blogos.com/article/23755/
    例えは上記サイト。育鵬社 問題で検索してみてください。
    詳しくお分かりになれるとおもいます。

  12. 大山奈々子より2015年04月18日 00時44分

    たろうさん

    大学にも憲法で保障されている学問の自由や表現の自由、言論の自由が保障されてしかるべきです。
    また、日常生活すべては政治につながります。法治国家に住む以上人は政治と無縁で暮らせません。
    その前提に立てば、政治活動禁止という条項が加わることはそれら自由を侵害することにつながります。
    駅でこの問題についてアンケートする、おもしろそうですね。しかし優先的に取り組まなければならない課題が山積しています。たろうさんも周りに聞いてみてください。過去のこの問題に関する所見を検索してみてください。

  13. たろうより2015年04月18日 10時05分

    私は戦争について肯定的な立場ではないですが
    教科書が侵略戦争を肯定的に描いていることはいけないという主張は、あなた自身が表現の自由を否定しているということではないですか
    ご自身の考える主張は良い、反するものは駄目というのはまったく表現の自由ではありません

    共産党の新聞赤旗以外の、いろいろな記事を見ますと、原爆の被害を扱うページの大きさに違いがあるそうですね ですが侵略戦争を肯定的などという記事は見当たりませんでした
    赤旗以外で、戦争を肯定的という記事はどこにありますか

  14. たろうより2015年04月18日 10時37分

    さらに言えば、コスタリカは武器を持ってるという私のコメントも削除されてしまい表現の自由が保障されていないわけで

  15. 大山奈々子より2015年04月18日 16時22分

    たろうさん

    コスタリカのことは真偽が定かではないので載せていません。削除したわけではありません。私は著名な記者が「警官といえど武器を保持していない」という文を朝日か毎日新聞で読んだことがありますが、たろうさんが持っているというなら真偽が明らかでない以上載せられないと思いました。あなたが持っているという根拠は何ですか?

    表現の自由を守るということと、子どもたちに嘘を教えることを許すということとは別の問題です。右翼雑誌に好きなことを書き散らす自由は保障されても子どもに嘘を教えてはいけないのです。ご自身の考える主張はよい、とおっしゃいますが、200名を越える有識者が育鵬社の採択に反対し、全国のほとんどの教育委員会がこの教科書を選んでいないのはそれなりの理由があるのです。現場の先生方の苦悩も見ています。

    私のブログの関連記事、あるいは育鵬社教科書について書かれた論文をよくお読みになってからご意見ください。赤旗とか大山とかそういう矮小化された問題ではないとお分かりになるはずです。

  16. たろうより2015年04月18日 16時54分

    根拠の一つには以下のサイトがあります

    ■【非武装中立批判論:コスタリカの実情について】

    指摘の通り、誤った情報を教育現場やテレビや新聞などで発信することはいけないと思います。
    もしその記者を覚えているのであればぜひ非難していただきたいです。
    普段安倍首相を嘘つきだと非難するのと同様に
    そして誤った情報を政治家やその卵が国民に発信することもいけないことではないですか?
    少なくとも、私のコメントだけ削除したならば国民は誤解したままになります
    あなたのコスタリカは軍や武器を持たないというコメントは4/18現在残っています

    そして、戦争を肯定的という根拠もぜひ教えていただきたいです

  17. 大山奈々子より2015年04月19日 00時48分

    たろうさん

    問題の教科書を読んでみてください。日本人は素晴らしく闘ったなあ。憲法は古いから変えなきゃいけないなあと思います。

  18. たろうより2015年04月19日 08時56分

    育鵬社を批判する記事は共産党によるものがほとんどです
    安倍首相や自民党や右翼による横暴だという主張がありますね

    私個人の見解としては、共産党の主張が自民党と反するから批判しているように思います
    戦争を美化や肯定的などはしていないように思います
    日本が悪い、という表現が多い少ないというのは、歴史上の事実から主観を上乗せしているだけのように思います

    少なくとも、今までの教科書は必要以上に日本を卑下自虐していました
    もっと日本人は日本人であることを誇りに思えるようにしても良いと思います

  19. 吉崎英雄より2015年04月19日 21時06分

    たろうさんの「新入生に対して憲法9条の説明を行う共産党のカラオケ9条の会」なんてあるとは初めて知りましたが、カラオケとやらに参加するのも、しないのも学生の自由、また戦争を肯定的とも否定的も感じるのも学生の自由では?
    憲法9条とは?、戦争とは?それらを考えるのは学生….いや国民が考えなければならないと思います。それを反映・評価するのは選挙です。
    たろうさんは「コスタリカは武器を持ってるという・・・」武器って何ですか?棍棒も武器になります。鉛筆だって武器になります。物の道具は使い方次第で武器にもなりますよ。では銃器がない国がすばらしいのですか?
    意味がわかりませんね(私の勉強不足かも)
    そもそもコスタリカと日本を比較するのは無意味では?

  20. 大山奈々子より2015年04月20日 02時35分

    たろうさん

    共産党だけではありませんよ。ネットで一目瞭然です。

  21. 大山奈々子より2015年04月20日 02時57分

    吉崎様

    もっともでした。ありがとうございます。
    ただ、私が憲法9条が実践されている例としてコスタリカを挙げたのでそこに意味があったわけでした。軍隊的な意味での武器保有の有無は後日調べます。

  22. たろうより2015年04月20日 04時14分

    吉崎さん
    コスタリカは銃器がなくすばらしい、日本も真似をするべきだというのは共産党の主張です

    私は、コスタリカは軍と自称する部隊はなくとも警察や自衛軍に相当するものがあり、武器も持っている、したがって武器を持たないコスタリカと日本を比較するということは不可能無意味であるという主張です

    私は他人に、憲法などの考えを強制するつもりはありません
    ただし、事実と反することを前提として考えを主張すると国民は誤解し正しい判断ができないので、それはいけないんじゃないかと思っています

  23. 吉崎英雄より2015年04月21日 19時40分

    たろうさん
    「コスタリカは軍と自称する部隊はなくとも警察や自衛軍に相当するものがあり、武器も持っている、したがって武器を持たないコスタリカ」
    武器をもっている?武器をもたない?ここらへんの意味がわかりませんが
    たとえ石であろうと棒であろうと武器になりますよ
    軍隊という組織は戦争か災害活動、治安維持などに利用されますが、もしこれらの有事がなければ、軍隊の存在価値がありません。平時の軍隊に税金を投入するのは無駄。また軍隊があれば、いつクーデターが起こるかわかりません。だから軍隊をなくす。
    しかし有事の際には国民を強制的に徴兵する憲法がある。これがコスタリカの実情です。しかし日本は違います。
    日本の場合、軍事力より外交力です。オバマ大統領の仲介がなければ安倍首相と韓国朴大統領と会えない。日本政府はアメリカのする事・言う事、何でも支持しますとしか言えないこんな対米外交は誰でもできます。
    安倍首相は去年は50ヶ国訪問したそうですが、ほとんどODAや円借款の「バラマキ」です。これが外交ですか?日本の外交力はこんな程度ですか?
    ODAや円借款は日本国民の税金です。世界一の借金大国がこんな外交でいいのですか?未熟な外交のまま集団的自衛権の行使や自衛隊を外国に展開させるつもりなのです。商売はうまいが外交は下手。これが今の日本です。
    コスタリカと日本の違いはここだと思いますが

  24. 大山奈々子より2015年04月22日 00時28分

    吉崎様

    ありがとうございます。そういえば、前に朝日新聞だったかで、コスタリカの人に軍隊持たないで近くの国がせめて来たらどうする?とインタビューしたら、僕たちは近隣諸国に貢献しているから攻めてこられることはないと言い切った例がでていました。こういう外交を9条はめざしているのでしょうね。
    井上ひさしさんも子どもによませたい日本国憲法の中で日本はいい国だから攻撃しないでおこうと思われるような国になることが大事というような趣旨のことを書いておられました。

  25. たろうより2015年04月22日 08時08分

    コスタリカの警察がもつ武器を曖昧にしていました
    実際はヘリや戦車や銃器をもっています
    有事がなければ大半は使われないですが

    警察の役割の1つとして麻薬取り締まりがあります
    日本との治安の比較も面白いかもしれません

    有事の際は米軍も味方することになっています
    その点、防衛費を削減することに成功しているといえるのかもしれませんね

  26. たろうより2015年04月22日 17時43分

    吉崎さん

    意味が理解できなかったようなので修正します

    「コスタリカは軍と自称する部隊はなくとも警察や自衛軍に相当するものがあり、武器も持っている、したがって武器を持たないという前提のもとコスタリカと日本は比較するということは不可能無意味であるという主張です」

  27. 鈴木やすより2015年04月23日 15時43分

    神奈川県内各市町村の小児医療助成制度(通院)所得制限なしで中学校卒業まで無料化実施の市町村は、33市町村のうち厚木市、海老名市、中井町、松田町、山北町、箱根町、真鶴町、清川村の8市町村だといいます。歯の治療等完治させて引越というケースも具体的にあるようです。勿論各市町村での小児医療助成制度の拡充は共産党議員さんの日々の活動の成果だと敬服しますし、現在、後半戦で小児医療制度の拡充で闘われている候補者にはあらためて敬意を表します。
    ただこの問題は神奈川県全てで実施することがより重要なのではないかと思う次第でもあります。また所得制限というのも問題だと考えます。
    安倍政権は今後、国民健康保険の主体を、都道府県単位にしまた医療費削減等医療法改悪法案を今国会での成立をねらっているともいわれています。(このような悪法は廃案にしなくてはなりませんが)本来、悪政の防波堤になるのが神奈川県及び各市町村の役割だと考えます。
    今回のいっせい地方選挙はそのような見地からも重要だと思います。特に6人と大躍進した共産党神奈川県議団には小児医療助成制度(所得制限無し)の中学校卒業までの無料化実施を切にお願いいたします。

  28. 大山奈々子より2015年04月25日 00時34分

    鈴木さん

    そうですね、それは財源問題から考えても医療費の抑制になるといいますし、そこで迫っていきたいと思っています。いのちの沙汰もカネ次第ではかなしいですからね、

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA