日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

箱根山という名の山はない。県議団控え室です

2015年5月8日コメント 2

今日は県議団打ち合わせ。でも朝からてんやわんや。

まず、箱根の噴炎に対して現地調査をしようと畑野君枝議員と加藤なを子県議が箱根町に向かっていました。その間、こちらでは重要な議題についてああでもないこうでもない。その間、議事課の人や県庁内外のいろいろな人がいろいろな人を訪ねてこられます。結構電話のやりとりも頻繁です。

議会運営に関わる会議が何度ももたれ、何を主張してどこで何を折り合いをつけるか何度も話し合います。

そうこうするうちに厚木の米軍に硫黄島が雨天の時離発着訓練中止を求める基地への申し入れ活動に木佐木議員が向かいます。行動範囲が広いので戻りにも時間がかかり、最終的に全員で会議を始められたのは4;30.

加藤さんがもっているのは大涌谷のガイドマップです。箱根山というのはあの辺り一帯の山の総称であって個別な山の名前ではないと教えられました。今回の噴煙でレベル2まで引き上げられたけれど、普通の人は普通に暮らすレベル。閉鎖しているのは大涌谷の近辺だけ。風評被害で遠くのところまで宿泊のキャンセルが相次いでいるのは残念だ。冷静に対応してほしいとのこと。(今回、足を運んだ県議団は共産党が初めてだったとか。)

箱根と言えば以前、雪害の時の対応を求めて県の県土整備局の職員さんの増派を求めたら、これ以上無理だと悲鳴のようなこえをききました。全国最低水準の行政職員のかずを確保していかなければと思いました。

3枚目は米軍への要請文をコピーしてくれている木佐木さんです。

 

IMG_1211 IMG_1212 IMG_1213

コメント

  1. 大石烈正より

     フットワークいいですね。
    好天のGWに猛爆音!ほんとに基地を無くしたいです。

  2. 大山奈々子より

    大石さん

    本当に、主権国家の上を、他国の人殺しの機械が飛んでいる異常を私たちは認識する必要があります。

コメント投稿フォーム
返信をキャンセルする。
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
NEW
コメント 0
県が補助制度の対象を拡大する価値 & みなと会での…
県が補助制度の対象を拡大する価値&みなと会での…
NEW
コメント 0
ふるさとこうほく 久しぶりまつり
ふるさとこうほく久しぶりまつり
NEW
コメント 0

    コメント

    • マーク より:

      自死事件を重く受け止めた再発防止についてコメントさせていただきます。私は警察署員に限定せず、激務によるメンタルダウンが引き起こす問題を、当人の羞恥心やプライドなどを考慮した方法でケアーすることを望みます。精神の問題については一般的に臨床心理士が認知されていると思います。しかし厚生労働省は、それ以上のスキルを求めて公認心理師の普及を行なっております。

      そこで私は県内の警察機関(警察署、県警)へ公認心理師数名を、分担訪問診療する制度を提案させていただきます。交番勤務署員は警察署で診療を受けます。激務によって視野が狭まり、心身の疲労と睡眠不足から体調不良と抑うつを生じます。素人が不調を感じ取ることは困難です。そこで、私は公認心理師の巡回訪問診療を強く望みます。詳細はURLをご覧ください。激務によってメンタルを患った私の提案です。日本共産党さんのご活躍を応援しています。頑張ってください。
      【厚生労働省ホームページ】
      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

      • 大山奈々子 より:

        マークさん コメントありがとうございます。
        いいアイデアだと思います。勉強させていただきますね。

    • 大山奈々子 より:

      まったく、少なくとも、北朝鮮が自国の子どもたちをいじめている国の要望を聞くかという話です。拉致問題を真剣に解決する気がないことの表れです。

    過去記事一覧

    PAGE TOP