戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

オスプレイ・志位質問・教科書(これは次に)すべては戦争を防ぐため。

2015年5月29日
LINEで送る

「MV22オスプレイの墜落事故の原因究明と飛行停止等を求める要請書」

28日(木)午前中に南関東ブロック(千葉山梨神奈川)から20人近い議員他党関係者と共に、衆議院議員会館の畑野失に防衛・外務大臣宛の要請書を手渡しました。「MV22オスプレイの墜落事故の原因究明と飛行停止等を求める要請書」です。

CIMG6656_thumb

12日に横田基地へCV22、10機の配備が発表された直後に17日、ハワイでの墜落事故。事故原因の究明も出来ていない中で同型機を飛ばしている米側の態度はもちろん、それを容認している日本政府の態度を問いました。日本国民の安全を守る立場にないのでしょうか。

私は外務省の担当官に、「日米地位協定(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び 区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定)をつまびらかに読んでいらっしゃると思いますが、米軍機が事故を起こした際に日本が米側に何も要請できないという根拠でもあるのですか」と確認しました。「ありません」2名の死者、と20名の重軽傷者を出した事故を受けてなお、説明を求めるに過ぎない弱腰、ここにアメリカ追随の日本政府の姿勢がはっきり表れています。

                     CIMG6668_thumb

 

あまりにたくさんの方がカメラマンにカメラを渡して撮ってもらっていたので私は遠慮して、どなたかからもらおうと思っていました。するとある人のFBには、私の態度がでかく写った(あくまでも写っただけですからね(笑))写真があって、29日本日の赤旗には顔が見えない写真になっていて、困ったなと思っていたら、一緒に行った加藤なを子県議のブログにはこの二枚。いただきました。

お昼は衆議院議員会館食堂で豚角煮定食。おいしい。池内さおり議員に会ったので握手しました。「とことん見ましたよ。」といわれ、あれはおとなしかったんです、とわけのわからないいいわけ?をしました。

午後は「これだけは知っておきたい地方政治」を読みながら、志位委員長の平和安全特別委員会質問を待つことにしました。

しかし、加藤議員と県政課題についてあれこれ熱心に話しているうちに、本のページは進まないまま時間がきてしまいました。

IMG_1393傍聴席に向かいます。危害を加えないよう荷物はすべて帽子や杖までも預けていきます。

 

安倍首相を追い詰めた論戦の模様は赤旗がシンプルにまとめています(※()内は大山)

PKO法改定

志位:多数犠牲者(35人)出したドイツ軍。「殺す」(民間人140人)危険も深刻に。

首相:(ドイツが参加した)ISAF(国際治安支援部隊)型参加否定せず。

 

集団的自衛権

志位:先制攻撃戦略は米国の基本政策

首相:他国の考えに論評は控える

 

政府の態度

首相:理解しているが支持していない。

志位:(グレナダ侵略・リビア爆撃・パナマ侵略は国連で非難決議がされた)米の戦争、一度も批判せずにどうして「自主的判断」できるのか。

 

ベトナム戦争イラク戦争検証

外相「米国に説明求めた事実ない」

志位「ねつ造わかっても説明求めず反省なし」

 

ということで、午前のオスプレイに対する国の姿勢がまさにこの討論で明らかになった日米関係を象徴すると思いました。

後の志位委員長を囲んだ交流会の中で「丁々発止で気持ちよかった」という声がありましたが、それは違鵜な後思って聞いていました。「丁々発止」はお互いに激しく論戦出来る状態をいうと思いますが、安倍さんはのらりくらりと同じ事を繰り返していたのでそれは当たらない訳です。

IMG_1395上気した顔でにこにこと論戦の模様を伝える志位さんを本当に頼もしいと思いました。議員になって初めての国会傍聴。自分も相手の論をしっかり聞いてしっかり論破していくことができるかという視点で聞くと本当に周到な準備と冷徹な頭が必要だと思いました。前者はせめて頑張らなければと思います。

それにしても、マスコミ。朝のニュースではもっぱら辻元民主党議員に対しての首相の暴言ばかりを報道。ネットでよくマス「ゴ」ミといわれていますが、今日は本当に日本の存立に関わる事態なのに重要なことを報道しない報道機関にぞっとする物を感じました。報道管制は戦争への道です。

 

 

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。