戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

戦争はいやだと一生懸命言うておったら、こうはならんかったでなあ

2015年6月7日
LINEで送る

5日夜には略称、戦争を許さない港北の会で緊急討論集会があり、私はフロアから発言

「テレビで国会論戦がよく流れていたという先週は署名もすごくとれたけれども、テレビのニュースがもっぱら年金になったという今週はパタッと署名が減っている。ムードを盛り上げることが大事。大変な局面にいるのだという認識を深めるためにも大宣伝が必要。大阪都構想のようにわからない人がわからないままやり過ごしていては取り返しがつかないことになるのだと、わからない人はせめて、民主主義的段階を踏まない今国会で成立させてはならないと声をあげましょうということを訴えていきたいし具体的なアクションにつながるものをもって宣伝したい」といいました。

この会では秘密保護法の時のように国会議員にファクスを送って気持ちを伝えることが提起されました。

このところの駅頭宣伝はその場に通りかかる皆さんがすぐに平和を守るアクションに移れるように必ず署名を持っていきます。朝の忙しい駅頭には国会議員へのFAX用紙を持たなければならないかと計画中。

大倉山駅前4日大倉山駅でも。

また、やむにやまれぬ思いで、宣伝カーを県内に回すことを提起した方もいらっしゃり、おかげさまで港北に割り当ての6月5日、久々に選挙の時のようにアナウンサーと一緒に神奈川県議会議員 大山奈々子の弁タレ(弁士を紹介する垂れ幕を選挙用語?でこういうのだそうです)を吊り下げてもらってその前で訴えています。

20150605152825 今日のブログのタイトルは、鈴木京香さんが主演する『おかあさんの木』(東映の戦後70年企画)の中の言葉。京香さんは自ら発案して小学校で読み聞かせをされてきたという。Facebookで紹介されていたこの記事の中に、私が町中で無関心そうにスルーされた時に語り掛けたいセリフがあったのでタイトルにしました。

平和の一番の敵は無関心。

コメント

  1. 鈴木やすより2015年06月08日 18時28分

    衆議員憲法審査会(4日)に参考人として出席した憲法学者3人全員が戦争法案を「違憲」と断じました。それを受けて菅義偉官房長官が「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」などと述べましたが具体的な憲法学者名は上げられませんでした。
    ある報道によるとその数約3名。安倍総理の盟友ばかりだといいます。つまり戦争法案を「違憲」と考えるのが憲法学者でも常識(当然の法理)だそうです。
    また中谷防衛大臣は5日の衆院安保法制特別委員会で「憲法を法律に合わせた。だから意見ではない。」(大意)といういわゆる「適応」発言で批判を浴びました。
    また高村正彦自民党副総裁は、憲法審査会での憲法学者の「違憲」発言を受け「憲法学者は9条2項の字面に拘泥する。」と憲法学者の「違憲」発言を事実上否定しました。
    上記のような根拠なき「憲法破壊」ともいうべき自民党首脳の危機的(言語道断)な発言(支離滅裂な言動)に対し、私は、今の自民党は最早末期的症状を呈していると考えます。
    私は今こそ国民主権を実践し「戦争法案」を廃案にすべく闘いを更に倍化させることが肝要と考えます。「戦争法案」は廃案すべきと考えます。
    また今週は「戦争法案」の間隙をぬって労働法改悪の先鋒である「労働者派遣法案」(いわゆる「正社員ゼロ法案」)が維新の党が採決を受け入れる姿勢に転じたため、衆議院で採決される危険性があります。いずれにしても重要法案が拙速に採決される今国会ですが、国会へ3度目の提出の「労働者派遣法改悪」も絶対阻止しなくてはならないと思っております。

  2. 加藤リカより2015年06月09日 20時59分

    大山さん

    その通りだと思います。「平和の一番の敵は無関心」は心にしみます。緑区でも子育て世代を中心に平和の学習会を開始し始めました。何かが動き出す予感もしますが・・・「無関心とどう戦うか?」という提起には感服しました。

  3. 大山奈々子より2015年06月09日 22時25分

    リカさん

    平和の学習会!いいですねぇ。
    教科書がおかしくなっている時だからこそ、当たり前のことを学ぶ場は貴重ですね。がんばろう!

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。