戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

立憲議員連盟の立役者、木佐木大助氏来訪!

2015年10月14日

県議団控室に山口県議の木佐木大助議員がいらっしゃいました。親子鷹と言われる木佐木親子議員の対面です。

山口県では、国民連立政府構想の実践例のような立憲議員連盟が立ち上がったばかり。

赤旗の報道はこちらです。

木佐木大助議員の議会報告を私は候補者時代からよませていただいていますが、しっかりした人権感覚に基づいて知事や他党議員に、改善を迫る切り口は実に鮮やかで自分もたくさん勉強し、しっかり論戦できるようにならねばと襟を正す次第です。そして法学の知識が豊かで緻密な思考をする神奈川県議会最年少の息子議員の木佐木忠晶氏。父君とはまた違ったタイプで、戦闘的ではなく、だれからも好かれる温和な性格を生かした議会活動を展開し、他党とのいい関係が築いていけると期待しています。

山口県議会の中で脈々と続いた他党との交流が今回の連携に生かされているとうかがいました。神奈川県議会でも国民連立政府構想を提起しに他党を回ろうと考えています。201510 木佐木大助氏来訪

 

コメント

  1. 石井洋二より2015年10月14日 12時26分

    他党にも是非働きかけてほしいと思います。安保法制についての意見はそれぞれ違いますが、立憲主義という民主政治の土台のルールのところでは一致できるはずです。土台を安倍自公政権がクーデター的手法で破壊したのですから、土台である立憲主義の回復と閣議決定の撤回はどうしてもすべての正当と国民が力を合わせて取り戻さなければならないしなければならない国民的課題です。憲法の折を破った猛獣は再び織の中に押し込めることが、市民の安全・平和に生きる権利を回復するために不可欠ですね。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA