戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

日本平和大会に参加しました。

2015年11月4日
LINEで送る

朝早く横浜を出発し、海老名で合流して富士御殿場へ。

横浜市緑区の中学校の先生が中学生を有志で連れて行ったという東富士演習場を見学するというので参加しました。

これは御殿場のサービスエリア。エヴァンゲリオン?のキャラクターがお出迎え。そのファンらしき人々が集まっていました。

no2

町の中には自衛隊車両が走行するのは日常になっているといいます。

20151103 no2

演習場はお休み。

IMG_2830IMG_2917富士のすそ野の広大な土地が人殺しの訓練使われるのかと思うといたたまれません。「富士を打つな!」のスローガンに同感。

見学していたら自衛官の人々がでてきて出ていくようにという指示でした。立ち入り禁止なんてどこに書いてあったのか。

加藤県議と、元衆院選小選挙区候補仲間の塩田さんと、なかなか会えないKさんMさんとあえてよかった。こういう大会などではそういうよろこびがありますね。

IMG_2943

横浜ではまだいろづいていないのですが、富士五合目までの景色は繊細な枝と細かな色の変化にうっとりしました、

IMG_2933

 

会場では各地の運動の報告がありました。

が、私たちは 神奈川の原子力空母の問題を報告するために 舞台そでにいましたので残念ながら多くのスピーチが

はいってきませんでした。映画「ザ・思いやり予算」を作った監督のお話や沖縄の新基地建設をめぐる戦いなどぜひ聞きたかったのですが。

IMG_2959私はジョージワシントンが退役したあとも、最新鋭の空母ロナルドレーガンが居座って、首都圏3000万人の安全を脅かしている実態と、それを容認する国県市の姿勢。それに対抗するための横須賀市民による1万人アンケートの取組みを紹介しました。賛成が13パーセントにすぎないのに反対が半数にのぼり、前回調査より増えているといいます。

厚木の第四次爆音訴訟では自衛隊機の早朝夜間の飛行差し止めと損害賠償は認められたけれど米軍機に対しては手つかず。沖縄や全国と連帯して県是である米軍基地の縮小撤回にむけて頑張りましょうと決意を語りました。神奈川のみなさんとともに訴えることができました。

このあと、自衛官だった青年の話を聞きました。家庭が経済的に大変だったので、双子のお兄さんとともに家計を助け人助けもできる仕事として自衛官を選んだ。北海道で任務にあたっていたお兄さんは格闘技の訓練中死亡。頭の打ち所が悪かったという説明なのに遺体は傷だらけだったといいます。全国で自衛隊内の暴力行為が報じられています。

「自衛官一人の命も守れないのに国を守るなんていえるのか」と青年の怒気を含んだ訴えに涙がでました。報道で読むのと違うリアリティがありました。こういうリアルにふれるためにも文字の上だけではない学びが必要なのだと改めて思った次第です。

 

 

 

コメント

  1. 鈴木やすより2015年11月04日 18時11分

    10月中旬の横浜国際フェスタで大桟橋に海上自衛隊の護衛艦が一般公開されました。年に何回かは横浜港で一般公開がなされております。特に今回公開された「護衛艦いずも」は最新鋭でヘリ空母、輸送艦、病院船、補給艦としての能力も備えており、ヘリコプター14機、470人の陸戦部隊や50台近い車両を搭載できると説明されておりました。今回は乗船する前に厳格な手荷物検査が初めてありました。私は常にこの「護衛艦」という名称に違和感を持ちます。今回の「護衛艦いずも」は「空母いずも」だと思いました。以前の一般公開時に案内の自衛官に質問したら「憲法上の問題です。」とか「国民に配慮したものです。」という回答が来ました。私自身未だにすっきりしませんが・・・・・・。
    そうですね。今回のブログで大山さんが結んでいる内容に関して私も同感です。私は従来からですが自衛官の人権が軽んじられていると思います。密室の中で「いじめ、いやがらせ(パワハラ)、セクハラ等」多いと考えます。また自衛隊内部の自殺や死亡であってもなかなか「業務上」と認めない体質に問題があると考えます。今年夏には某国会議員の質問主意書で精神疾患者や自殺の数字が一部開示されましたが、私はこのような数字(民間であれば労災の詳細)を国民に全て開示(特定秘密とでも言うのでしょうか?)し是正すべき点は真摯に是正すべきと考えます。私は自衛官も「みなし労働者」だと考えているので「自衛隊のリスク」を自らが把握しようともしないこの組織は民間企業のいわゆる「ブラック企業」に通じるものを感じます。

  2. 大山奈々子より2015年11月04日 20時26分

    鈴木さん

    そうですね。しかも空母いずもは旧日本軍の空母の名前で、中国のひとには大変脅威に映るのだと聞きました。

    労働者として考えれば海外勤務はないといわれていた契約内容が、殺人任務はないといわれていた契約内容が変わるわけでとんでもない話ですね。

  3. 内山雑っ魚より2016年06月29日 05時27分

    藤野さんの辞任、衝撃を受けました。
    また、我々JCP部外者からすると藤野さんのお仲間
    かと考えていた松竹伸幸氏が、「人殺し防衛予算発言」
    に抗議集中せよ!と云います。松竹氏は三吉演芸場で
    竜馬気取りで踊っているつもりかはたまた商売の為か
    分かりませんが極めて不快な物言いです。

    この記事も問題視されるようになるのか心配だ。
    松竹は云う、「理念より政権だ!」と。

  4. 大山奈々子より2016年06月30日 10時08分

    内山雑っ魚さん

    藤野発言は、多少説明不足なこともありました。しかしながら、今後戦争法を撤回できないならば増大する軍事費が引き起こすものはなんなのか。という文脈から発せられた言葉です。米軍から要請されたら建前はどうあれ、戦争という名の大量殺人のお手伝いをさせられることになっているわけで、本質ではあるわけです。その予算でステルス戦闘機を購入予定ですからね。自衛隊は災害救助にステルスを使うのかといいたいですね。
    説明不足の責任として更迭はなかなか厳しいと思わざるを得ませんが、野党共闘の相手や国民感情に配慮して丁寧な説明をすべきだったということなのだろうと思っています。
    災害救助活動を指しているわけではありませんから、そこに言よせた批判はまったくずれていますよね。松竹氏のことは存じませんでした。少し調べてみます。

  5. なめねこより2016年07月03日 18時05分

     藤野さんの発言は安倍政権が自衛隊に担わせようとしている任務の本質の一つに触れたもの。このニュース後に元職・現職それぞれの自衛隊関係者に話を聞きましたが、意外にも産経新聞とは逆の反応。「現政権が戦後の歴代政権の方針と違って自衛隊に専守防衛を超える任務を背負わせようとしているのであれば共産党の議員がそう批判するのも仕方ない部分があるんじゃないですかね~」という返答でした。特に反発している様子もなく、淡々と言われてました。私も間違った内容ではないと思います。
     ただ、表現がストレート過ぎたとは思いますね。政治業界ではえげつない表現の使用には慎重さが求められる。敵にとっては刺激が強いだけに攻撃の格好のネタされることもあります。まあ、自民党のセンセイ方は暴言だらけですけど、今の世の中は彼らにとっては甘く共産党には厳しいだけに、特に共産党の議員は同じことを言うにしても表現に気を配る必要がある。不公平ですがそれが現実ですからそこはしっかり理解して対応すべきかと。ちょっと品に欠けますが、例えば女性器を〇〇〇と言うのは私ら一般人の馬鹿話ではありですけど、政治業界の人が口にするのは何党であろうとやっぱりまずい。共産党に限定せず、政治業界で生きる以上は言葉・表現にも気をつけ状況に応じた言い方を選択すべきであり、それが出来るようにボキャブラリーや表現力を磨く必要があるかと。
     とは言ってみたものの、安倍政権が自衛隊にやらせようとしている役割の危険性をオブラートに包んでしまっては本質が見えなくなるという思いは個人的にはありますね。そもそも、それこそが安倍政権が望んでいる「争点隠し」をアシストするということになりますし。今回の参院選、私の選挙区でも自民党の候補者は「アベノミクスの効果を地方にも行き渡らせる~」というようなことばかり言ってて、憲法や集団的自衛権のことには全く言及していません。もっとも、「アベノミクスって永遠に道半ばじゃないの?」という声も聞きますから、現政権の経済政策の胡散臭さも気付かれている感じはします。

  6. 大山奈々子より2016年07月04日 09時20分

    なめねこさん

    おっしゃる通りですね。自衛官の方々のご発言はそうなのか!と改めて緊張する感じです。
    誠治や議会に関してはかなり抑制的な物言いでないといけないのだと私もわかってきつつあり、かつ本質を隠しがちだと不満でもあり、といったところです。自戒を含めて今回の問題は受け止めた次第です。

  7. 畑 義彦より2016年07月06日 00時17分

    人は間違える可能性があると自覚するのであれば、あまり断定的な言い方は時と場所を選ぶのは当然です。「人の立場に身を置く」基本的なことと思います。本音を語ることも同様に大事です。

  8. 大山奈々子より2016年07月07日 10時24分

    畑さん

    そうですね…

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。