戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

戦争法廃止の署名を本気で推進中

2015年12月26日
LINEで送る

先日港北区区内で地域回りをした際、支部の事務所にこのようなホワイトボードをみつけました。野党各党も諸団体も一緒になって全国で2000万の署名を集めようという局面でこの地域では自主目標を立てて取り組んでいます。

以前として安全保障関連法案の中身が知られていません。無関心な方もいます。平和の一番の敵は無関心。声をかけて署名を集めて歩くことで危険な条文の中身を知らせ、戦争法廃止のための共闘を推進することができます。

一方明文改憲をめざして櫻井よしこさんたちは「美しい日本の憲法をつくる国民の会」では1000万署名に取り組んでいます。綱引きです。

全国に先駆けて熊本では1人区で野党共闘の候補が実現しました。これをひろげていくことで国会の力関係を逆転することができます。戦争のためではなく平和のために税金を使うことができます。この表に励まされて私も燃えているところです。

IMG_3732

コメント

  1. 畑 義彦より2015年12月26日 16時47分

    24日木曜夜通りかかった大曽根の事務所で駅にいると温かく教えていただき、短時間ですが会話できてよかったです。「小林よしのり・ゴーマニズム宣言」は1から続いているのでまず1(1993年初版)をを是非読んでいただきたいです。大山さんが激しく共感する部分があると思います。ただ私への赤旗の薦めで「敵を知り〜」と言われました。まったくそのとおりです。でも敵というより良きライバルです。私は〇民党・参院選公募に受かる気で書いてます(これから準備・応募ですが)。志位委員長は新聞報道で「ウルトラリアリスト」でいくと明言されています。選挙後結果によっては自民との連立も視野にいれてほしい。自民+共産最強です。以前大山さんも保守とは組めるとおっしゃっていました。そもそも「保守」とは、人間は神でないので間違えることがあります。そのことを自覚するからこそ自国・日本のよき伝統・歴史・文化・慣習を大切にして、改革します。きわめて常識・当たり前のことです。(最近高知の県知事は保守ですが〜と大山さんの視察の記事があったので私なりに保守を説明しました(西部邁さんの説明です。(昭和14年生まれで、過去25年以上保守論壇(思想)をけん引。元東大教授・第一次安倍内閣のブレイン役・ユーチュブで無料で見れる「西部邁・にしべすすむゼミナール」は本物の「保守」の、勉強になります(気軽にです)。政権批判もあります。初めて見ると拒否反応あるかもしれませんが、私が政治に興味をもつ・志すきっかけの一人です(朝生等、西部先生のような方が日本にいてよかったと本心から思います(思想紹介)、面白いです))日本共産党はその意味で保守政党の部分が多分にあります。(大山さんは憲法・歴史・文化を大切にされています)。安倍総理は国民に説明する気がなさすぎます。それを許す、自民党も疑問です。だからこそ中から変えたいのです。良い日本・神奈川・横浜のため頑張る、大山さんは私の先生、身近な目標です。(このブログのコメント欄に記載すべき内容でないかもしれませんが、是非伝えたいので投稿します。失礼ながら大山さんは子育てをしてから本格的に政治に取り組まれていますので、私なりに有益な情報提供のつもりです「敵を知り〜」(孫子)です。上の文と矛盾してますが、それが「ゴーマニズム宣言」なのです。また長文になってしまいました)

  2. 畑 義彦より2015年12月26日 19時03分

    つづけてすいません。最近のNHKスペシャルの報道でも、米議会(米国民)からすれば、安保法制前までは「日本はなぜ助けてもらうだけなのか」という不満がありました。その意味では同盟国として必要な法制を整えただけとも、言えます。このタイトルに「戦争法廃止」とありますが、日本人で戦争をするつもりの人がいるのでしょうか(憲法違反です)。安倍さん「戦争する」と言ってません。自衛隊は国防・自衛のための戦力です。何回もいいますが、憲法9条2項は現状と乖離してますので、削除もしくは改正(訂正)すべきと思います。すくなくともこのままでいいのか議論すべき。(法律にもとずく自衛隊が違憲と読めていいのだろうか)。南スーダンに派遣されている部隊に駆けつけ警護が可能になったが、本当はどうなるのか。日本は世界平和に向けてどうしていくのか。その辺の議論がないと感じています。(現状はアメリカのポチ、改善の気配なし)私も軍事費より他用途に多く税金をつかうべきと思います。何度も同じようなことを投稿してすいません。

  3. 大山奈々子より2015年12月27日 21時11分

    畑様

    ゴーマニズム宣言、何巻かは読んだのですが、1巻ではなかったのかもしれませんね。私が保守とは組めると言った?保守の人手もアンチ安倍では共闘できるということでしたかしらね。
    私は畑さんほど保守に対して考え抜いてはいませんが、自浄能力には期待できないと思っています。
    ゴーマニズム1は見つけたらよみます。

  4. 大山奈々子より2015年12月27日 21時15分

    畑さん

    戦争法に対して楽観視しすぎていらっしゃいます。
    テロリスト集団「イスラム国」は何を憎んでいるのか。
    なぜフランスが狙われ、私たちの国も標的になっているのか。
    戦争に加担させられるのが戦争法だというのは明らかです。
    アメリカと同盟関係にある国が何をさせられているか。
    イギリス軍兵士のお父さんが泣いていました。
    「なぜうちの息子が縁もゆかりもない砂漠の国で死ななければならなかったのか」と。

  5. 畑 義彦より2015年12月28日 12時49分

    以前今年6月頃か(大山さん当選後と思います)、私が保守をテーマにしてますと書いたら、「畑さんは保守ですか。・・会議で保守と組めるという話がありました・・」とブログにありました。大山さんが直接言ってはいません。「過去の記事」で探しましたがありませんでした。(削除・編集されたかもしれません)
    2016年が大山さんにとってさらに良い年になりますように祈念いたします。(私も自分なりに頑張ります)

  6. 大山奈々子より2015年12月29日 00時17分

    畑さん

    あーそうでしたか。直接お話しした記憶がないだけで今はあらゆる共闘の形があり得ますね。
    今年もお世話になりました。よい年をお迎えください。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。