戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

成人式おめでとうございます。新横浜であさか由香さんたちと。

2016年1月12日

恒例のお見送り宣伝。グレイスホテル前。

私は、お祝いの中でいつものように、普通選挙権獲得の先人の努力を思って政治を変える力を存分に使ってほしいという内容と、今朝の赤旗の「潮流」というコラムに載っていた新成人アンケートを引用しました。これからの日本の政治に期待できないが77%だけれども、一方で自分たちが日本を変えてゆきたいが65%。7割近くが投票にいくとこたえてくれているのが希望だと。実際、このピンクのチラシ(「ボクたち世代で日本を変える」)をじっとみて手を伸ばしてくれる子もいました。

参議院予定候補あさかさんは、今の情勢だと若者が14歳の少年兵に銃を向けることにもなりかねないという話、チリでもポルトガルでも政治が変わっていい変化がうまれていることなど、さすが国際派らしく、大局的に情勢を語り、若者の力に期待する訴えをされました。

私の地元なので、中学時代の同級生にあったり同級生のママ友やご近所の人にあったりと、意外にお兄ちゃんおねえちゃん世代に新成人がいるものだと思いました。うちの子ももうすぐということですね…

この奥では社民党が一区画をなしていて、いつもは両方でがなりあいう感じになるのですが、今回は紳士協定で福島瑞穂さんが語れば、その次がうち、と言う交代制。畑野君枝さんと福島瑞穂さんがエールを交換していました。国民共闘の形を目の前で見た感じです。神奈川選挙区では社民党も必ず選挙区を出しますとおっしゃっていたので、4人区、あさかさんをいち早く押し出さなければと思った次第です。

このあと議員として初めて出席させていただいた横浜市全体を午前と午後に分けた成人式では、夜のニュースになるくらい、壇上に登ろうとする若者たちの騒ぎがあり、式が中断しました。私は二階席で、なぜ若者は荒れるのか。20代の若者の半数が非正規雇用という先行き不安感が根底にあるかもしれないと思って見ていました。自分の来し方をいとおしみ、行く末に展望を持って参加できる世の中に変えていかねばと思いを新たにしました。

 

IMG_4057

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA