日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

高市早苗さんに学んだこと

2014年9月16日コメント 5

今、ネオナチ団体の男性とツーショット撮ってしまって大問題になっている高市早苗総務相。ヨーロッパなら即刻辞任モノ。しかし彼女が所属する日本会議派の思想を思うと彼女がいうような「不可抗力の」ツーショットとはいいがたい。

このタイトルはなんのひねりもなく、一抹の寂しさを込めてつけた事実。

私は小学校高学年だったと思う。弟と共有していた子ども部屋で読んだ記憶があるのだ。高市早苗という国会議員の書いた「アズアタックスペイヤー」今調べたら1989年だから、そうそう、なんだ、26歳にもなってから読んだのか。すごい記憶違い。小学校時代に読んでいた早熟な私をエライと思っていたら、26じゃ遅すぎる。じゃこども部屋の記憶は間違いか。

つまり、著書の中で、As a tax payer(納税者として)意識を持ちなさいということをアメリカの議会で働いた経験のある彼女が、アメリカ国民はタックスペイヤーとしての自覚が高いということをおっしゃっておられた。なるほどねと思って読みました。あの時はありがとうございました。

アメリカで彼女は国際感覚を身につけなかったのかな。

コメント

  1. 鈴木やすより

    新しいHPおめでとうございます。今後も引続きコメント書かせて頂きます。
    今回の第2次安倍改造内閣の19人の閣僚のうち15人(勿論安倍総理も)が、日本の侵略戦争を正当化する改憲・右翼団体「日本会議」を支援するためにつくられた「日本会議国会議員懇談会」(日本会議議連)の所属議員であるといいます。
    また神奈川県議会も半数が日本会議派だと聞きました。この「日本会議国会議員懇談会」なる会は日本の侵略戦争は「アジア解放」の「正義の戦争」だったと美化する「靖国」派の歴史観に立っているといいます。
    歴史を正しく認識すれば、「ポツダム宣言」受諾し。「東京裁判」そして「サンフランシスコ講和会議」での一連の日本の主張を否認しているこの勢力が権力の中枢という矛盾を感じます。
    私たちには「憲法九条」と「選挙権」があります。とりあえず来年の統一地方選挙が重要です。一貫して国民本位を主張をしている政党、そして候補者に一票を投じることが重要だと思います。

  2. 大山奈々子より

    鈴木様

    ありがとうございます。
    そうなんです。日本会議派に関しては本当に彼らの思想を詳しく押さえておく必要を感じています。そして多数派にひるまず国際常識に立って道理をもって説明できる力がいりますね。

  3. 三枝孝子より

    私も当時、読みました。米国の民主党の政治家に付いて活動し政治を学んだ人で、弱者の立場に立った論調の本でした。結局、そのままでは日本では女性として道を拓くことが出来ないジレンマで、節操を失い転身し立身に走ったのでしょう。機を見るに敏な政治家らしい政治家なのかもしれませんが、その変わり身には、主権を国民と見ないで自己中心過ぎるところが強くて驚くほどです。

  4. 大山奈々子より

    三枝孝子さん

    そうですよね、確か弱者の立場に立って書かれていたような。
    安倍政権下、自民党には女性議員を教育する担当がいると聞いたことがあります。歴史修正をし、日本会議化してしまう女性議員の多さを思うとそうなのかもと思ったり。
    残念なことです。

コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
NEW
コメント 0
県が補助制度の対象を拡大する価値 & みなと会での…
県が補助制度の対象を拡大する価値&みなと会での…
NEW
コメント 0
ふるさとこうほく 久しぶりまつり
ふるさとこうほく久しぶりまつり
NEW
コメント 0

    コメント

    • マーク より:

      自死事件を重く受け止めた再発防止についてコメントさせていただきます。私は警察署員に限定せず、激務によるメンタルダウンが引き起こす問題を、当人の羞恥心やプライドなどを考慮した方法でケアーすることを望みます。精神の問題については一般的に臨床心理士が認知されていると思います。しかし厚生労働省は、それ以上のスキルを求めて公認心理師の普及を行なっております。

      そこで私は県内の警察機関(警察署、県警)へ公認心理師数名を、分担訪問診療する制度を提案させていただきます。交番勤務署員は警察署で診療を受けます。激務によって視野が狭まり、心身の疲労と睡眠不足から体調不良と抑うつを生じます。素人が不調を感じ取ることは困難です。そこで、私は公認心理師の巡回訪問診療を強く望みます。詳細はURLをご覧ください。激務によってメンタルを患った私の提案です。日本共産党さんのご活躍を応援しています。頑張ってください。
      【厚生労働省ホームページ】
      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

      • 大山奈々子 より:

        マークさん コメントありがとうございます。
        いいアイデアだと思います。勉強させていただきますね。

    • 大山奈々子 より:

      まったく、少なくとも、北朝鮮が自国の子どもたちをいじめている国の要望を聞くかという話です。拉致問題を真剣に解決する気がないことの表れです。

    過去記事一覧

    PAGE TOP