日本共産党
神奈川県議会議員

大山 奈々子

おおやま ななこ
誰ひとり置き去りにしない県政へ!
大山 奈々子
ブログ

「こんなことやって意味があるのか」について

2014年9月16日コメント 4

images 

港北区には平和を願って活動するいろいろな団体がいます。集団的自衛権閣議決定後発足したあとに平和と人権を守る港北の会が発足しました。

 

昨日15日。綱島駅で表記の会で駅頭チラシ配りを行い、声をあげることを呼びかけました。すると少し酔った青年?が「戦争は嫌だけどよ、こんなとこで少ない人数でやって意味あんの?自民党は巨大じゃん!」

と声をかけてきました。

「相手は大きいし、自民党をあそこまで増やしてしまった我々国民も考えなければならないけれど、声を上げることをあきらめたらやられっぱなしだよ。道理の通る多数の声はぜったい世の中を動かす力になる。原発だって初めて東電の責任を問う結果がでたじゃん!」

ま、いろいろ話して最後には大山さんがんばって!と握手してかれは帰っていきました。

写真は私の憧れのインカムといわれるマイク。お借りして話してみました。軽くて両手が空いて本当に便利。購入を考えなければ。

 

 

 

 

コメント

  1. ホソピーより

    インカムは便利ですよ
    両手があくので握手に便利、ビラ配りに便利、傘も持てる

    • 大山奈々子より

      買います買いますすぐ買います。

  2. 大石烈正より

    青年?も”安倍独裁”になんか”ウップン”を持ってたんですね。

  3. 大山奈々子より

    大石さん、そうです。やり場のない怒り、鬱屈した心と言ったものを感じました。お話を聞くだけでも表情がほころぶのがわかりましたよ。

    ホソピー、買おうと思っていたら、すでに某所にありまして、お借りすることができました。脂肪取りベルトかといわれたその勇姿を今度お見せしますね!

コメント投稿フォーム
返信をキャンセルする。
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA


ブログ新着

県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
県産材産地見学バスツアーで胸熱❣
NEW
コメント 0
県が補助制度の対象を拡大する価値 & みなと会での…
県が補助制度の対象を拡大する価値&みなと会での…
NEW
コメント 0
ふるさとこうほく 久しぶりまつり
ふるさとこうほく久しぶりまつり
NEW
コメント 0

    コメント

    • マーク より:

      自死事件を重く受け止めた再発防止についてコメントさせていただきます。私は警察署員に限定せず、激務によるメンタルダウンが引き起こす問題を、当人の羞恥心やプライドなどを考慮した方法でケアーすることを望みます。精神の問題については一般的に臨床心理士が認知されていると思います。しかし厚生労働省は、それ以上のスキルを求めて公認心理師の普及を行なっております。

      そこで私は県内の警察機関(警察署、県警)へ公認心理師数名を、分担訪問診療する制度を提案させていただきます。交番勤務署員は警察署で診療を受けます。激務によって視野が狭まり、心身の疲労と睡眠不足から体調不良と抑うつを生じます。素人が不調を感じ取ることは困難です。そこで、私は公認心理師の巡回訪問診療を強く望みます。詳細はURLをご覧ください。激務によってメンタルを患った私の提案です。日本共産党さんのご活躍を応援しています。頑張ってください。
      【厚生労働省ホームページ】
      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

      • 大山奈々子 より:

        マークさん コメントありがとうございます。
        いいアイデアだと思います。勉強させていただきますね。

    • 大山奈々子 より:

      まったく、少なくとも、北朝鮮が自国の子どもたちをいじめている国の要望を聞くかという話です。拉致問題を真剣に解決する気がないことの表れです。

    過去記事一覧

    PAGE TOP