戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

小沢一郎さんの話

2016年6月26日
LINEで送る

25日。生活の党の小沢代表が港北入りされると聞き、聴きに行きました。IMG_5435

うわさの現場でよくお会いするママの会の親子さんです。

IMG_5433

冒頭と最後にひだか剛議員が、神奈川での金子洋一さんとあさか由香を推薦していることを語られました。耳に残った小沢語録は、

自民党は民の生活を守るという政治哲学があったが、安倍さんは異質だ。という話。

共産党と一緒にやるのかといわれるが、別に志位さんを首相にしようとは言っていない。差し迫った危険を取り除くために力を合わせるのだ。という話。でした。

 

 

 

コメント

  1. 鈴木やすより2016年06月27日 17時25分

    このママの会のおかあさん私も面識あります。横浜市内在住の方ですよね。
    しかし今の自民党は問題ですね。多分、衆議院選挙の小選挙区制度の弊害かと思います。自民党確かに反省の歴史はあるものの、小沢氏指摘の通り以前はまだ良識派(いわゆる「長老」)という方がいました。今はだれも安倍総理に意見も言えないのが現実でしょう。このような極めて特異な総理を輩出した自民党は今や自浄能力が失われた結果だと考えます。
    また自民党と公明党が民進、共産両党の選挙協力合意を「選挙目当ての野合」としきりに批判を強めていますが私はこれを焦りと考えます。
    私は他党を批判するのは決して好ましいとは思いませんが、安倍総理が「ニッポン一億総活躍プラン」(2016.6.2閣議決定)なるものを取り纏めました。その中で「長時間労働の是正」を掲げておりますがそのロードマップなるものを確認しましたが2018年度までに再検討(私のことばで僭越ですが2年間は何もしない)し、2026年までに具体的な対応する(10年後なんて誰だって予想できない)というような曖昧な内容になっております。私は「長時間労働是正」を言うならば現在、現在国会で継続審議となっている「残業代ゼロ法案」を撤回すべきと考えます。
    この例はあくまでも一例ですが安倍総理の発言は曖昧、無責任或いは支離滅裂です。物事の本質はなかなか把握出来ませんでしょうが無党派といわれる方々には棄権はせず是非投票に行って欲しいと思います。

  2. 大山奈々子より2016年06月27日 23時40分

    鈴木さん

    そうですか…長時間労働の是正、そんなにも実態のない打ち上げ花火でしたか…。いろいろな場面で考えさせられます。言っておくだけ、アリバイ的な取り上げ方のいかに多いことか。安倍さんも残業代ゼロ法を打ち出しながらの何が長時間労働是正か!
    言葉と実態は裏腹。選挙公報ではなく、いろいろな議案に対する決議の姿勢で判断すべし、と本当に声を大にしていいたいですね。

  3. なめねこより2016年07月08日 21時35分

    ①「自民党は民の生活を守るという政治哲学があったが、安倍さんは異質」👈今の自民党は国民への愛情がないですね。国民を奴隷のように思っている。国民への愛情のない為政者はいずれ国民によって倒されるという類の話は高校時代に漢文・倫社・世界史あたりで学んだ内容で、今も自分の記憶に刻まれていますが、自民党・公明党のセンセイ方は忘れてしまったのか?学んだことないのか?

    ②「言っておくだけ、アリバイ的な取り上げ方のいかに多いことか」「言葉と実態は裏腹」👈これ安倍さんの特徴かと。拉致問題でも蓮池透さんがそうしたことを指摘し、「安倍さんは信用できない人だ」と語っています。

  4. 大山奈々子より2016年07月09日 00時01分

    なめねこさん

    確かに国民への愛情、ありませんね。微塵も。加えてあさか応援にきた不破前書記長は、自分の名前を政策につける傲岸な人物、と評していましたね。

  5. 朽木 一より2016年07月11日 09時46分

    前回よりも投票率が上がったそうで、ある程度民意を反映した選挙ではなかったでしょうか?

    自分の名前を政策につけるのは、それ自体は悪いことであるとは思いません。
    成功か失敗かの責任が明確になりますし

  6. 大山奈々子より2016年07月11日 13時07分

    朽木さん

    投票率があがったことはよかったですね。

    そうともいえますね。しかしながら、きちんと総括できる人物が名前を冠するのとは彼の場合は違いますからね…

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。