戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

あさかカーに乗って。中区西区港北区鶴見区

2016年6月30日
LINEで送る

朝の横浜駅西口は、公選法でマイクが使えない中、肉声であさか押し出しをする仲間がずらりと駅周辺を取り囲む圧巻なものがありました。

IMG_5466

 

そのあと荒木市議と中区などを回り、力強い訴えに引き込まれました。

IMG_5470

 

いったん地元に戻り、投票権を守るチラシを作成。つまりは期日前投票や不在者投票など、投票が不可能であきらめている人や足が痛くて歩けないという方に選挙に参加していただくための車送迎などをお知らせしました。簡単にいうと住民票のあるところの選挙管理委員会に電話して相談すれば丁寧に教えてもらえますし、ネットを使う方であれば、地元の選管のHPにかなり詳細に説明されています。

のち日吉駅であさかカーに合流。日吉の慶応大学前であさかさんを興味深く見ていく学生さんや待ち受けて一緒に写真を撮っていく人など、にぎやかでした。私は香川県の共産党選挙区候補を民進党が応援してくれる際に交わした確認書をお話ししようとしましたが、時間も足りず語りきれなかったので、こちらにリンクを貼ります。2016年6月5日の赤旗の記事です。

IMG_5476no1

鶴見まで。あさかさんの生まれ育った鶴見の街はたくさんの党支持者やあさかサポーターのみなさんなど温かい空気に包まれました。夫くんが熱を出していたむすめちゃんも体調が復活し、ママに抱っこされていました。パパも赤ちゃんたちも頑張って!

IMG_5475no1

しかし、まだまだ地方選の時のような熱気は感じられません。あさかさんの訴えは本当に胸にしみますし、頼もしさもあり、地域を回るたびファンが増えていますが、そもそも参議院選挙というものの盛り上がりが足りない気がします。残りで投票率をアップしなければ!

コメント

  1. 畑 義彦より2016年06月30日 16時19分

    横から見てる感じだと地方選と同様に「熱」を感じません。大山さんは当事者だから熱気を作り出したのでしょう。顔み知り10人位に「参院選だけど〜」と話しをして興味ありは半分位。自分の会社員時代を考えても、そのことを深く考えることはほとんどなし。(衆院の方が考えた)。イギリスのEU離脱問題を考えても、内容のある参議院選挙になってもらいたい。(結果の出た後に検索サイト2位が「EUって何?」では本当に愚民政治)。「エミール」放送回にも最後「対話の重要」に触れてますが、まさにこのブログです!

  2. 畑 義彦より2016年07月01日 05時01分

    上のコメントを書いた後、大倉山駅に向かい、その後大曽根の事務所でお茶を御馳走になりました(約10分位)。是非大山さんに伝えたいのは、選挙活動員の熱心さがものすごく重要ということです。2012年12月の衆院選、自分は埼玉県・熊谷市の選挙区でしたが、夜20時過ぎ「勝手にやってる」として駅で必死の活動でした。(けっこう心動かされた)選挙区がそのまま対立の加須市との対決だったのです。神奈川2位から5位まで大激戦です。他党の事情はまったく知りませんが(今のところ)、残り9日間後悔のない選挙活動お祈りします。(いつやるの?今でしょ!!)

  3. 大山奈々子より2016年07月02日 11時39分

    畑さん

    いいアドバイスをいただきました。
    党内の方ではない方からのお声は本当に貴重です。
    活動員の熱心さ。が心を打つ。あるでしょうね。
    私はそれを周りに必ず伝えます!

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。