戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

ふふふ

岸根町の盆踊りに出張。

2016年8月8日

新横浜レディース会は、近くの町内にも出張します。私にとって初出張。

ふと気づけば、昔、「祭りになると踊りにくるおばさんたち」がいるなあと思っていましたが、知らぬ間にそちらの側になっている私でした。

IMG_5812

岸根の貴雲寺さんの境内で行われる盆踊りは大勢の親子連れが目だち、♬ビューティフルサンデー♪が繰り返し流され、もう老いも若きもみんなノリノリで踊りました。私は踊りが実は好きみたいで踊ってると笑っている自分に気づきます。昨日はそういう人が周りにいっぱいでした。

しかしながら、首から名札を下げた県議と国会議員候補にも会いました。

浴衣でお疲れビール飲んでる私に、その1人から「何やってんですか」といわれたものでした。「踊り子の一人としてがんばってます♡」といいつつ…

あとでお友達に「大山さんも名札かけなきゃ」と言われ、全くだと思ったものでした。かつては、政治家は政策を知ってもらうことが大事で、いろんな行事に来てにこにこ笑いながら、目の届かない議会では県民いじめの政策に賛成してしまっている議員さんたちをみて本当に嫌悪感を持っていたものでした。へらへら笑って祭りを渡り歩く暇があったら住民要求を実現するために学び、政策を練り、ご相談にのることこそ大事、と思っていました。

しかし、住民に選んでいただいている以上、住民の方に会って顔と名前を憶えていただくことはそれはそれで大事なのだと思えるようになりました。

あとで名乗った時に、町内会のおじさまに「あ~どっかで見たと思った!」と言っていただき、どっかで見たと思ってもらえるくらいには顔が知られてきたかなと思った次第でした。

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA