戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

議会が始まりました。県庁職員の働き方改革とは。

2017年1月12日

10日、初顔合わせ。議員と知事始め県職員のみなさんと賀詞交換。あっという間にまたみなさん地元へと散ります。

IMG_69562

 

 

 

笑顔の井坂団長。後ろは主に自民の議員のみなさん。

 

女性議員の写真は、左から民進、共産、共産、自民、県進、民進、共産(近い将来このような議会の勢力割合になればいいなあ(^_-)-☆)

IMG_69581

今度の一般質問は私が担当するので、当局と聞き取りなどのスケジュールを確認。片道30分でどれだけ取り上げられるか。練ってまいります。

さて、知事の仕事始め式でのメッセージに注目した仲間がいます。

働き方改革を語っています。

  引用⇓

「こういった、これまでずっとやってきたことを大きく伸ばしていくこと、これはもう言うまでもないことですが、きょうは新年の冒頭にあたって、皆さんに一つ訴えかけたいことがあります。それは、働き方を変えようということであります。

 これは、政府の大きな方針の一つでもあります。そして昨年は、電通事件といったものが大変大きな話題となりました。働き方、これまでは当たり前だろうと思っていた働き方、これをやはり根本から見直さなければいけない、そのような時代になってきたとつくづく思う次第であります。

 私自身を振り返ってみますと、テレビ業界などにいましたもので、今まで恥ずかしながら、そういうことはあまり考えていませんでした。今回話題になったような、電通のその悪しき体質といったものと同じような中にいたと思っております。徹夜するのも当たり前、何日も連続して徹夜するのも当たり前、でも良い仕事ができればそれで良いではないかと、それに耐えられないような奴はだめだ、みたいな中でずっと育ってきたわけでありますが、もう時代は大きく変わったと言わざるを得ません。」

  ⇓

労働意識に関し、自分の不明を恥じるような率直な反省には好感が持てますが、ならばどう変えるのかという展望が語られないままです。こちらが知事のメッセージ全文。ともかく早く帰れと。8時以降の残業を禁じた小池都知事と同じです。

神奈川は人口10万人あたりの職員数が全国最低です。それを県債買ってくれる投資家向け資料では一位と書いてある。財政指標だから。財政は低く抑えていますよと。人件費削ってますよという意味。もうこれ以上削れないというほど人を減らして仕事量は変わらず早く帰ることを奨励しても根本問題は解決しません。県民のために働いてくれる職員さんの労働条件を改善していくこともまた我々の課題だと考えます。

他県を訪問すると県庁というところですれ違う職員さんが本県に比べると闊達で快活に見えるのは気のせいでしょうか。

コメント

  1. 鈴木やすより2017年01月12日 17時05分

    県庁職員の働き方改革、ぜひとも口頭だけでなく実現して欲しいと思います。以前、君嶋さんが代表質問?で県庁職員の長時間労働の是正等質問しておりましたが黒岩知事の答弁はピントが外れていた記憶があります。
    電通事件もそうですがいわゆる過重労働削減含む「働き方改革」について私は本来強制的に法令等で義務づけるべきものではなく労使が取り組むべきとの立場ですが昨今の労働組合の弱体化(電通事件でも労働組合の存在感もありません。)等あり一向に進んでいないのが現状と思います。また私はこの問題は組織のトップが本気にならなくては実現できないと考えます。
    また黒岩知事の話を何回か直接お聞きしたことがありますが、ご自身の「テレビ業界」での体験が全てにおいてメインになっている方だと感じましたね。
    私は神奈川県が職員に対して「働き方改革」を本気で取組み民間労働者の手本となるべきと考えます。神奈川県内の企業に勤務する労働者の残業時間は全国44位で月間残業時間80H以上が10.3%つまり10人に1人が過労死予備軍との統計もあります。
    また私は仕事柄(社労士)多くの行政の方々とお会いし折衝等行いますが確かに僭越ながら神奈川県庁の方々は覇気が少ないように感じます。
    安倍総理は「働き方改革」について3月末までに政府案を示すとは言っていながら具体的な案が出てきません。ぜひ黒岩知事には具体的な「神奈川方式:働き方改革」を実現して欲しいと思います。私は県庁職員の健康を心配している一県民としても切に願います。

  2. 大山奈々子より2017年01月12日 21時33分

    鈴木さん

    なるほどね…社労士としての義憤を感じます。
    今日の県職員の組合の中でも知事のメッセージは重く受け止められていると感じました。どう具体化するか。
    諸方面と話し合っていきますのでよろしくお願いいたします。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA