戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

南スーダンは戦闘状態 国民を欺くな

2017年2月10日
LINEで送る

FullSizeRender

温厚と言われる私も今度ばかりは頭に血がのぼった。

本日2月10日の赤旗には南スーダンに派遣されている自衛隊の日報に基づいた資料が

掲載されています。銃撃、射撃音、銭湯確認、着弾、戦車砲・・・

戦闘地域そのものです。

 

赤旗のタイトルは「稲田防衛相 憲法をもてあそぶ」

「9条との矛盾まざまざ」

当初、廃棄したと説明してきたPKO部隊の日報が

実は統合幕僚本部に保管されていることがわかったもの。

「不開示とすべき箇所の判断に時間を要した」と今更説明してみても

国民に嘘をついた責任は免れません。

 

稲田防衛相は「法的意味における戦闘ではない」

「なぜ法的意味で戦闘行為があったかにこだわるかというと、9条上の問題になるから」

おまけに「読んでいなかった」とも答えておられる。

国民なめとんのか!!!を馬鹿になさっているのでしょうか。

 

自衛官の命が心配で全国で戦争法反対のデモが起こっているという

局面で自分達が送り出した自衛官がどんな目に遭っているのか

知ろうともしないばかりか、平然とごまかす。

赤旗の解説がおもしろい。

   ↓

「法的に戦闘はない」などというのは、「目をつぶれば世界は

なくなる」というようなもので、まともな説明になっていません。

   ↓

その通り。自民党ファンの方も、こんな対応はさすがに怒らなければ

ならないのではないでしょうか。ちなみにこの方が夫名義で

軍需産業株2万2千株保有し、国民の税金で国は軍需産業に

7000億円発注という事実も赤旗に報道されていました。

 

今、一般質問に向けて鋭意調査&質問作成中です。国政問題で

ブログ書く心のゆとりがないのですが、あまりにあまりな事件なので

書かせていただきました。

コメント

  1. なめねこより2017年02月12日 00時31分

    「馬鹿な上官、敵より怖い」👈これ、もう30年以上前ですが、僕が浪人してた時、学徒動員で関東軍に参加しシベリア抑留も経験した予備校の世界史の先生が授業中よく仰ってた言葉。軍隊内のいわゆる下っ端兵士たちの間では日常的に言われていたそうです。授業で先の戦争を語る時は、実体験でもありますから、そこで出るその言葉もかなり強い口調に。そんな上官が今現れるとは…。

  2. 大山奈々子より2017年02月14日 18時50分

    なめねこさま

    確かに。究極の上官ではありますね。

  3. 鈴木やすより2017年02月15日 14時10分

    今回の一連の防衛省のながれは防衛大臣の資質の低さは問題外ですが官僚的体質というか秘密主義を感じます。私は先の大戦時の大本営発表(勿論書物等からの把握ですが)で明らかなように「戦争」→「事変」「撤退」→「転進」「全滅」→「玉砕」「避難」→「疎開」
    「敗戦」→「終戦」等、言い換えた歴史を思い起こさせます。あの暗黒時代に国民不知のまま逆戻りするような流れが問題だと考えます。昨今の特に「共謀罪」を国会で成立させようとしている動きには断固反対しなくてはならないと考える今日この頃です。

  4. 大山奈々子より2017年02月17日 00時00分

    鈴木さん

    スマホで「おもしろい」ニュースばかり読まされている国民。またはニュース見る暇もない国民。またはニュース見るツールがない国民。どれだけの方が稲田氏の人を馬鹿にした答弁を知り得たのでしょう。

  5. 朽木一より2017年02月18日 07時10分

    自衛隊を送らず、例えばどういった策を取れば良いかを提案しないから、自衛隊は送られ続けるのです。

    こういった意見をシャットアウトしていると閉鎖的になってしまいがちではないですか。

  6. 大山奈々子より2017年02月18日 16時12分

    朽木さん

    私が読んでほしいという資料を読まずに意見を寄せられても一回一回お答えするには時間がないのです。

    日本共産党のHPの政策のところに実に興味深い種々の政策があります。自衛隊も国防も。それ読んでからご意見ください。

  7. なめねこより2017年03月11日 01時36分

     南スーダン派遣の陸自施設部隊撤収へ👈突然の方針転換。でもこれ、別に安倍クンの大英断でも何でもない。憲法上、当然の決定をしたまで。そもそも真っ当な人が首相なら既に撤退を決めてるはず。安倍クンだから今日まで引き摺った。
     それにこの決定、別に安倍クンに「憲法を守ろう」という気持ちが芽生えたからなされたというわけではなさそう。今話題の学校法人に関する問題の情報の拡散を抑えたくて、もっと大きな話題を作って国民の関心をそれから逸らそうと考えたからではないかな。まあ、もし私が安倍クンの立場なら、「憲法上当然の結論を出したまでで、仰々しく報じる必要はない。大英断でも何でもないから~」とマスコミ関係者にお得意の圧力かけますけどね。
     志位クンも言ってるけど、「これで幕引きできる!逃げ切れる!」と思ったら大間違い。疑惑は何一つ解明されていないから。それから、方針転換したのだから、今までの政府見解が誤りであったことを認めたのか?もきちっと明らかにしてほしいね。何の前置きもなく方針転換して終わりというのは総理大臣には許されないことだから。

  8. 大山奈々子より2017年03月11日 22時24分

    なめねこさん

    確かに思いっきり怪しい決断ではありますが。撤退は朗報には違いなく。
    これまでの説明とどう整合させるのか。まったく節操のない内閣です。

    森友で失脚させられなかったらまさに日本の民度が問われますね。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。