戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

ヒバクシャ署名のち県庁控室

2017年2月18日
LINEで送る

今日も共産党神奈川県委員会のSさんSさんとともに畑野衆議院議員や岡崎衆院比例予定候補、古谷市議とともに横浜駅西口でヒバクシャ署名。

一枚目でマイクもっているのははたのさん。

連写していただいたのがおもしろかったので載せますね。

IMG_7315

IMG_7303

IMG_7293

IMG_7312

IMG_7318

 

26筆集まりました!少ない!けどうれしい!1筆が重い!

先月なんか一桁ですからね。寒すぎて。

今日はうららかに行動できました。

私がこの行動を自分の活動の中でも重視できるのは、やはりNPT核不拡散条約再検討会議の要請団としてNY にカンパで送っていただいた経験が背中を押してくれているのだと思います。署名の力を実感しました。あの時は日本から700万筆。世界から集まる数億の署名が、まず、人類の史上初めて核兵器を違法なものと位置づけられますように。

どんな人物がどこの国のトップに立つかわからない。核兵器がある限りおぞましい危険性が残る。あるから危ない。核兵器はあること自体許されない兵器です。もちろん兵器はすべからくなくしたいわけですが。

この行動で驚くのは、昨年末、国連の核兵器禁止条約の交渉入り決議を日本政府がこともあろうに反対したという禍々しい事実を知らない方が多いこと。私が話しかけた人は100%ご存じない。日本経済新聞のリンクをどうぞ。

私が安倍政権を心底だめだと思ったのがこの一件でした。ヒバクシャのかたをどれだけ傷つけたかわかるのだろうか。

ちなみに日経は、

「米国の「核の傘」の下にある日本は反対した。2017年3月のニューヨークでの交渉開始が正式に決まった。もっとも米国やロシアなど核兵器保有国は反対しており、実効性には疑問が残っている。」という書きぶり。

ですから、実効性を持たせるのは署名の力。

一般質問最後の追い込み。21日。

答弁が見えないので、こういう答弁がきたらこう再質問。こういう答弁だったらこっちの再質問を用意しておこう。それでもこうきたらこう再々質問。(再々々質問はだめなのだそうです。)

読み原稿にあの事例をいれておかなくちゃ。これはくどいかな…ああ!あのエピソードも必要だ!的にやっております。今回の質問は今までになくたくさんの方にご協力をいただいています。多くは知事に聞く。

電気を一つだけつけてやってたらドアをがちゃがちゃする音が聞こえて電気が切られた。守衛さんすみません。登退庁版を点けてなかったからだ。気を遣わせるかなといないことにして作業中。エアコンもつけてないので冷えてきたなあ。寒いよぅ。

 

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。