戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

ロケット発射⁉ 横浜労連 福祉保育労それぞれ定期大会

2017年9月4日

週末は、ユニオンの定期大会や地元のイベント、地元の安倍政権NOのスタンディングなどに参加しました。

横浜労連の定期大会。来賓あいさつの中で、裁量労働制は、労働時間の上限規定を無きモノにしようとしている、年金は現役が支えるみたいな宣伝がされるが、本来自分の老後を支えるためにその人が積み立ててきたものだから、それがもらえないなんて詐欺みたいなものだという視点が紹介されていました。長い時間をかけて勝ち取ってきた人類の到達が後退させられようとしている今、がんばらなくては。

私は、共産党セットの中で数十秒の時間だったので、働くルールブックのご紹介を。神奈川労働センターの所長もいらしていたので、まさに子どもたちがこのリーフを読んで、困った時の相談先としてお世話になるところです。また労働組合のみなさんもよろしくお願いしたいと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるさと港北まつりの一環でペットボトルロケット大会、見に行きました。樽町公園で。鶴見川の河川敷です。

今年二十歳になる息子が小学校低学年の時、一緒に必死で作って、小学校の予選で予選落ちしたけれど、デザイン賞をもらったなあなどと思い出しつつ。

子どもたちの選手宣誓。

テントでみている議員の間ではロケットつながりでJアラートであるとか、着弾だとか物騒な言葉が漏れ聞こえましたが…。

平和なペットボトルのロケットなら歓迎です。

今となっては親子で必死に取り組んだ貴重な思い出で、ここにきている子たちもそういう思いでの中にいるのだなと。

青少年指導員の方が自転車でロケット回収。早朝からの準備も合わせてお疲れさまです。

デザイン賞。今年はどれになるでしょう。しばらくの間港北区役所に飾られていました。

風向きが悪くて鶴見川に落下した機が少しあった模様。かつてはカヌーが待機していたこともあったらしいですが、広い鶴見川、風も強くて用意された網も届きそうもなく、今回は涙をのんでもらうことに。お父さんと一緒にしょげた顔で本部に来た男の子はあきらめつかないよね…。また挑戦してね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その後、福祉保育現場で働くみなさんのユニオンの定期大会に。昨年の活動報告や不当な組合員への嫌がらせと闘う裁判闘争の話がありました。無認可保育園がいくつか集まって無認可のユニオンを結成したら、そのうちいくつかが認可になり、それぞれの職場単位のユニオンが立ち上がったという頼もしい話も。

私も下のメッセージを書かせていただきました。

私は。「働く人が安心して生き甲斐をもって働ける条件整備を」と書きました。非正規労働の正規化、処遇改善、豊かな人員配置。それは政治の役割でもあります。

若い女性労働者がこのメッセージを。担い手不足を解消する一番の道です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いろいろ考えさせられたあとだったので、午後の「アベ政治を許さない共同行動。日吉駅スタンディング」は一層力がこもりました。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA