戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

原子力空母はいらない!横須賀集会

2017年10月5日

1日。原子力空母はいらない横須賀集会に参加しました。一番上の写真は影と合わせて面白い構図ですね。

私は地元の健民祭でご挨拶してから合流しました。大人になりつつあるうちの子どもたちも久々に参加して何かと競技に参加し、町内会の方からお菓子をいただいたり、活躍し、秋晴れの中楽しんだようです。ラグビーワールドカップ開催を控え、競技の中にもラグビーボールを抱えての新種目が加わっていました。

秋晴れの菊名小を後にして横須賀ヴェルニー公園へ。

平和の象徴のような景色が一転。原子力空母の撤退を願う集会の周りは右翼の装甲車が詰めていました。

安倍政権に加えてもっと核武装まで主張する小池百合子都知事率いる希望の党の誕生が黒い装甲車のみなさんを励ましたのか、例年より大音量で集会を邪魔しました。でもこちらは淡々と集会続行。

東京から来た平和活動家は、横田基地で500人規模のパラシュート降下訓練が企画されたことをスピーチ。実際にはそんな数ではなかったとはいえ、軍服を着た人が500人も降下する日本の空…

世界で唯一原子力空母の母港を提供してしまっている日本。

早く好戦的な政権を交代させなければ。

空母は、事故が起きた時の急性被ばくの問題に加えて、空母から飛び立つ戦闘機の爆音問題、乗組員が町にでて騒ぐ問題など

国会議員や国政候補とともに右は地元横須賀の市議。私の左は横須賀市議から県議になった井坂団長。県議会の中で基地問題は極力毎回の本会議質問で取り上げようと我々は決めています。「米軍基地の整理縮小及び返還」を県是にかかげる神奈川県。この精神にのっとって質問する会派はいまのところ共産党だけです。年間1万件を越える県民の苦情の声に真摯に耳を傾けます。港北区役所は横須賀基地から23㎞だそうです。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA