戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

子ども・障害者の医療費助成の拡充を!シンポジウムとパレード

2014年10月18日

KIMG2219

医療費窓口負担ゼロについて・「保険医協会」の藤田先生 

この方のお話は、専門分野のことを非常にわかりやすくかみくだいて教えてくださるのが感動。群馬方式について学びました。長い目で見れば医療費助成は県の医療費支出を抑える!本日一番の収穫。財源がないとはいわせないぞ。また、今度国民健康保険料が都道府県移管になることの想定される実害について語られました。

障がい者医療費助成制度について・「浜家連(横浜市精神障害者家族の会)」の大羽さん

障がい者にとって、医療は一生関わる問題。医療が無ければ生きていけない実情がよくわかりました。フロアからは65才問題も発言がありました。

児医療費助成の運動について・「新婦人」の高園さん

KIMG2220

高園さんは新婦人県本部の子どもと教育部長。(私は港北支部の子どもと教育部長です。)子育て世代の実態と、生き生きとした小児医療費無料化年齢引き上げの運動が語られました。

いろいろな交渉後ごとでお世話になっています。

KIMG2223 

緑区市会予定候補の加藤リカさん。中国育ちの彼女は私が日本語学校で出会った大陸の女の子たちのもつおおらかさを感じます。幼児のいる母としてこの問題は切実でしょう。

KIMG2224

子どもも障害者も安心して書かれる制度にかえて!

KIMG2225 

県庁までパレード。車椅子のみなさんもがんばります。

KIMG2226

鶴見区の木佐木県会予定候補、奥には神奈川区の柴田県会予定候補。今日は候補者同士の打合せを変更してこの会に参加して学び、アピールウォークしました。

KIMG2227

障神奈連(障害児者の生活と権利を守る神奈川連絡協議会)は、私も賛助会員です。

上野さんにはいろいろ教えていただいています。

KIMG2228

白井まさ子市議と加藤リカ市会予定候補。来年からは一緒に仕事をしてね!

KIMG2229

大山県会予定候補と白井市議とアンパンマン。いい写真です。

みんなで力を合わせて困った人を助けたい。

KIMG2231

ゼロくん、白井さん、私、新婦人神奈川県本部泉水会長

先進国の多くは医療費ゼロですよ~!

イギリスドイツフランスデンマークオランダスペインイタリアカナダオーストラリア!!!!

 

コメント

  1. 佐藤早苗より2014年10月18日 20時17分

    お天気に恵まれ、楽しいパレードだったようですね。子どもは何時具合が悪くなるかわかりません。緑区市会候補の加藤リカさんの一番の要求です。
    当日一緒に参加予定の中山の方は、前日に次女の水ぼうそうでしっかり医療費を払われたと聞きました。最低でも、小学校六年生までが、常識化とおもいます。

  2. 大山奈々子より2014年10月19日 00時06分

    佐藤様

    パレードというものは周囲の人に問題に対する意識を持っていただくために本当に効果的だと、こういうお天気の時はとくに思えました。

    中山の方は残念でしたが、それを聞いても、感染性の病気をしっかり病院で治して感染の拡大を防ぐためにも、医療費助成必要だといえますね。

  3. 加藤リカより2014年10月21日 19時39分

    大山様 ご紹介ありがとうございました。「生」大山さんを拝見できて、ちょっと緊張しました。私は緊張するとニコニコ笑うしかできないのですが、会話もハッキリと覚えていないぐらい緊張しました。

  4. 大山奈々子より2014年10月22日 01時08分

    リカさん

    え、まさか(*_*)そうだったの?ごめんごめん。
    私怖くないよ。大丈夫(笑)「拝見」するようなもんでもなし。
    って、候補者合宿の時も会ってるし。今度は深呼吸してね(#^^#)

    私は県、市連携で市民生活を充実させるためにも市議会に共産党議員が増えることを祈り、かつアジアの平和のために日中の関係改善も切に祈っておりますゆえ、リカさんの議席の意義は大きいと確信しております。この気持ちは周りのみなさんも同じでしょうね。

  5. 鈴木やすより2014年10月22日 13時52分

    一つには国民健康保険の都道府県単位の問題ですね。2017年度までに実施するといいます。10月20日(月)の朝日新聞では「自己破産、療養中、それでも・・・・国保滞納の督促」「徴収強化へスローガン、マニュアル化」との見出しで大きな記事が掲載されていました。この記事によると2017年度までに厚生労働省は「国保広域化支援方針」なるものを策定し市区町村へ徴収率UPを促しているといいます。法令上禁止されている生活保護からの差押えを、あくまでも本人の意思という名目で行っているケースや違法ともいえる取立も横行しているといいます。
    私は仕事の一つで関係会社の従業員の給与計算をしていますが、今月(10/24)の給与から新規で「債権差押え」の対象となった従業員がおります。守秘義務もあり概要ですが、時給1000円のアルバイト(女性)の方です。以前の国民健康保険の滞納分とのことです。最低時給(887円)よりは若干高いですがかつて失業期間等あり毎月やっと生活しているとのことです。
    以上厳しい話(現実)でしたが、今回のこのブログ非常に良い雰囲気ですね。
    私からも一言。
    「このような状況下で大山さんの県議当選。加藤リカさんの市議当選は良識ある市民が求めております。そして日本共産党に大きな期待がかかっております。」以上

  6. 大山奈々子より2014年10月24日 00時37分

    鈴木さん

    励ましありがとうございます。
    強制徴収は問題ですね。先日も県営住宅の家賃滞納強制退去を余儀なくされた千葉の県営住宅の母娘が無理心中を図りましたね。仲の良い親子だったのに母が娘さんを手にかけました。7万円の収入+5万円の何かの年金。それで1年滞納分を少しづつ返している最中だったのに。返済の意思が確認できるのに。人手不足も強制徴収に拍車をかけます。だからこそ私は、み〇なの党が口を開けば公務員削減と言っていることに非常な無責任だと感じます。公務が削減されることの実害に思い至らないのか。考慮しないのか。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA