戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政

神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

行政書士会と港北区商店街連合会

2018年1月24日

  行政書士会の賀詞交換会は党派を越えて幅広に国会議員県会議員市会議員が集まる盛大な新年会の一つです。地方議員は各会派ごとにご挨拶。

行政書士さんに仕事をお願いしたことはまだありませんが、お話をうかがうと遺言書から成年後見、空き家、建築、扱う範囲の広さに驚かされます。「頼れる街の法律家」今年もよろしくお願いいたします。

「安心して暮らせる社会」

井口川崎市議 河治横浜市議 君嶋県議 私 木佐木県議

 

 

 

 

 

 

共産党と声にださず、名刺の党名を指して小さな声でがんばってくれないと困るよ、と言われることがこの年始にもたびたびあります。

この会で驚いたのは横浜の林市長のメッセージの代読がされたのですが、「市民県民企業のみなさま」に向けて市政をよくするというようなメッセージだったこと。さすが。産業支援には税金使っても市民の切実な声が後回しにされる、民間活力の名で公の責任をどんどん切り捨てようとしている林市政。あなたまずは市民県民をみてください。企業はその中に包含されるでしょう。二重に意識をおかなくていいんです。普通の暮らしを支えるべきです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは地元に戻って小机の商店街をご挨拶回りしたあと

商店街連合会の新年会。

横浜Fマリノスもホームタウンである港北区という地域になじみました。昨年は商店街のみなさんがマリノスウエアをきていました。地域に根差すJリーグの発想が形になっていると思います。まちの清掃など行事にも選手たちは貢献してくれています。うちの家族は、ホームスタジアムである日産スタジアムがそばにある関係で家族そろってマリノスファンクラブに入っていたものです。蝶のように舞い蜂のように刺す久保選手のシュートが好きだったなあ。

いろいろな駅で宣伝にたちますので、テーブルを回ってもよく見るわよと言っていただけますし、だんだん見知ったお顔が増えてきました。

商店街振興のためには来年10月に迫った消費税の増税を断じて許すべきではありません。

お昼に回った商店街では、増税とめるのはできないだろうとおっしゃる方がいらっしゃったので、今まで二回延期になっているんですよ。とめましょうよ。とお話ししました。

ここではすぐそばに増税側の人たちもいたので、「くらしを守りますね」とお伝えしました。

さて、カラオケ。私の歌はうまくもなく下手でもなかったのに、このところ難しいのに挑戦してとても下手なのが2年続いたので、失敗しないように音域の狭いユーミンの「春よ来い」を歌わせていただきました。上手くも下手でもなかったです。

下の写真は歌を歌い終わった区長です。演説もうまいけれど歌もうまかったですね。

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA