戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政

神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

横浜メーデーでフルに歌えてよかった♪

2018年5月2日

横浜メーデー

1800人の参加で盛り上がりました。来賓あいさつには自由党と立憲民主党からのごあいさつもあり、頼もしかったですね。もちろん、共産党は横浜市議団と予定候補、横浜選出県議団、あさか由香参院予定候補も参加。手作りのプラカをつくるコーナーがあったり、サウンドデモトラックが登場したり、賑やかでした。楽しく意気軒高でみなさん笑顔でした。

私はスピーチの時間はありませんでしたが、お迎えのご挨拶の中で、現在提出されている働き方改革一括法案の中の高度プロフェッショナル制度について、自分が教員時代に残業代も休日出勤もほとんどつかなくてもそんなものだと思ってしまっていたことを語り、高プロが実施されれば、そういう権利意識がない労働者が蔓延することになってしまう危険性を語りました。

(横浜市議団と市会予定候補、あさか由香参院予定候補とともに会場前お迎え宣伝後)

また、会場の沢渡公園が朝鮮学校のそばにあり、ヘイトスピーチが行われている場所にも近いことを思うと、働く人を大切にできる社会になれば、自分が大切にされていることを実感できる社会になればすべての人を大切にできる社会へと発展していけるはずだという話もさせていただきました。

産業労働局の労働部長が来賓あいさつをされていましたが、全高校生にワークルールのリーフレットを作成配布するためにご尽力いただいた方なので、ご挨拶の背後から感謝と期待のビーム(!)を送りました。

神奈川労連の福田議長から要請文が手渡されていました。後で中身を確認し、県で要求が実現できるよう頑張りたいと思います。

(団結がんばろー!)

(新婦人のみなさんと)

元県議、立憲民主党の早稲田ゆき議員を交えて。県議会を離れ、国会で伸び伸びと活躍できてよかったと心から思います。

木佐木議員と手作りプラカで。「もっと自由時間を」と書いたところ、どなたかに「それ、自分の願いでもあるでしょ」と言われ図星でした。

建設の仲間のみなさんと。宇佐美市議、白井市議と。

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA