戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

港北区党と後援会の決起集会 

2018年5月13日

5月12日

来年の二つの大きな選挙を前に、来月には国会論戦でおなじみの小池晃参議院議員が港北に来て、情勢や党のことを語ります。(6月9日2時~港北区役所向かい港北公会堂)他に国政予定候補や私たち地元の地方議員もご挨拶します。そしてその演説会の成功も目指して決起集会が開かれました。

今日は後援会の総括と活動予定に加えて各議員の議会報告の時間もありました。私は議場以外の場面で暗躍している話(笑)をさせていただきました。こればっかりは極秘なので口頭のみ。

母はよく「あんたは何やるかわからんしいっつも心配や」と昔から言っていました。私もこの仕事についてから、(一応、大人の分別はありながらも)自分が何をしでかすかわからない楽しさを感じています。自分を再発見するというか。そして意を決してしでかしたことは必ず改革につながっていきます。わくわくしますね。また、これに先立ち、県委員会で開かれる議員や候補者向けの党学校が開かれ、党規約を改めて学びました。

共産党に偏見を持っている人たちと一緒に学びたいものだと思いつつ。

例えば講義のタイトルの中に

4、党議員として、国民の切実な利益と社会進歩の促進のため、どのように活動するか

(1)党地方議員の任務を考える

   ---党を代表し、地方住民の利益と福祉のために活動する

                        (規約第44条)

とか書いてあるわけです。真面目な党です。そして講義を聞き終えて改めて私たちに課せられた職責の重みと希望を感じるのでした。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA