戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

未分類

第二回定例会が終わりました。(;^_^A

2018年7月11日

新しくなった委員会に臨んだ今期、勉強しなければならないことも多く、新しい専門用語にもたくさん出会い、脳が活性化する日々でした。

経済産業振興特別委員会について

〇酪農振興 県内酪農家が減少している中、酪農支援を強化することが求められる。TPP参加による懸念もある。大野山の県営牧場を手放したあと、大野山で新規就農をした方のニュースがあった。県が書類作成や事務的な手続きをサポートしたときいた。報道によると、北海道浜中町では若者を支援するために「就業交付金制度」を創設され、高校でも話題になっているという。本県でも、シンボルである大野山を廃止したあと、新規就農者を財政的に支援する仕組みを検討されたい。

〇神奈川県中小企業小規模企業活性化推進計画を推進するための審議会をもうけたということだが、県が行うアンケートでは、中小業者の実態が把握されていないという声を聴いている。中小企業の実態は商工会や商工会議所を通じて知るということだったが、中小企業事業所の中で商工会や商工会議所に属している業者数は26%程度だという。属していない事業者の声を聞き取る仕組みを構築すべき。

という二つの質問を行いました。すっきりいい回答はありませんでしたが、少しでも前に進める一助になればと思いました。

(これは学校のブロック塀に関して港北区内で危険だと報告があった小学校を白井議員と視察した時のもの。専門家による点検や補修などの見込みを早く教えてほしいというニーズを学校関係者から聞きました)

さて本日は定例会最終の本会議。議案や意見書請願に対する姿勢が問われました。

■知事提出議案が13本が全会一致で可決しましたが、我々は、二件には反対しました。

〇相原高校新築工事の請負契約について

(JR橋本駅そばの県立相原高校がリニア開通で移転させられることになったことによる)

〇地方独立行政法人神奈川県立病院機構中期計画の変更の認可について(病院の初診料や再診料の値上げが盛り込まれています)

■次に各委員会の請願採決結果に対する採決が行われました。

★総務政策常任委員会(私たちは委員がいません”(-“”-)”)では不採択になった

2件を採択すべきと賛成しました。

〇消費税増税中止を求める意見書

〇中小業者の自家労賃を必要経費として認めることを求める意見書

残りの請願は委員会では継続になっていますが、継続にすべきではなく採択すべきと

委員会の審査結果(継続)に反対しました。(このあたりややこしいです)

★国際文化観光スポーツ常任委員会

〇「核兵器禁止条約の締結を求める意見書」採択についての請願

〇核兵器禁止条約推進についての請願

〇神奈川非核兵器県宣言の普及と核兵器禁止推進事業強化についての請願

★議会運営委員会

〇神奈川県議会政務活動費の領収書等の県議会ホームページでの公開を求める

請願

〇神奈川県議会政務活動費の領収書等の県議会ホームページでの公開を求める請願

〇神奈川県議会「政務活動費の指針」の見直しについての請願

〇神奈川県議会政務活動費指針の見直しについての請願

〇神奈川県議会「政務活動費の指針」の見直しについての請願

■議員派遣案は、政務活動費ではなく議会費でいくものであり、我々は

視察は政務活動費か団費でいくべきものであり、議会費で行うものではないという考えなので

反対しました。

〇福島・宮城 〇広島・愛媛 〇沖縄に各3人ずつ派遣されるというものです。

■意見書案がたくさん出ました。我々もふくめ全会一致で採択したものは

〇厚生常任委員提案のヘルプマークの更なる普及推進を求める意見書案

〇厚生常任委員提案の旧優生保護法による不妊手術の早急な被害者救済を求める意見書案(これは委員会では共産党提案の同趣旨の意見書に立民も賛成してくれるというかつてない変化がありました!)

〇建設・企業常任委員提案の下水道施設の改築に係る国庫補助の継続を求める意見書案

〇文教常任委員提案の学校周辺に存在する危険なブロック塀等の安全対策を求める意見書案

次に採決態度が分かれたもの

〇立憲民主党・民権クラブ提案の公文書管理の徹底を求める意見書案(少数で否決されましたが、我々と立民が立った。罰則規定があるものでした。本会議で民進系だけが意見書案をだすのは珍しいと思いました)

〇県政会提案の公文書の適正な保存・管理等を求める意見書案(これはネットだけが反対)

〇立憲民主党・民権クラブ提案の公文書管理の徹底を求める意見書案

〇県政会提案の公文書の適正は保存・管理等を求める意見書案

〇共産党提案の外国人労働者の処遇改善を求める意見書案(これはうちだけ賛成でした。)

〇自民党提案の職業能力開発短期大学校の世紀訓練課程に外国人留学生を受け入れることを求める意見書案(うちだけ反対)

〇立憲民主党・民権クラブ提案の学校における働き方改革の実現のため教員定数の抜本的増員等を求める意見書案(教員増を求めるものだったので賛成しましたが多くの反対で否決)

〇自民党提案の「学校における働き方改革」の実現に向けた総合的な環境整備を求める意見書案(教員増を求める抜本的なものではなく、モデル案を作成させるという手法にも疑義があり反対しましたが多数で可決)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA