戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

怒りの女性デモ 差別を許すな 緊急スタンディング

2018年8月11日

8月8日、#怒りの女デモ がSNSで呼びかけられ、横浜駅西口でスタンディングとなりました。参加者実に50人!台風が襲来する中、よく集まったと思いました。医療関係者が多いことにいまさらながら胸が痛みます。

東京医科大学だけの問題ではなく、LGBT差別発言も就職差別も語られました。

私はサウジアラビアで女性が運転免許をとり、ニュージーランドで首相が産休を取る、こういう女性を縛っていたものから解放される世界の動きに反して、日本は歴史の針が逆行している。大学受験で採点の差別があるなどいつの時代の話か。

結婚出産で仕事ができなくなるからという今回の差別理由を取り上げ、結婚や出産で仕事を断念せざるを得なくなる社会の状況が問題だと語りました。神奈川は女性の労働力率、30代で落ち込みます。この生涯を通じての変遷を表すグラフ、いったん落ち込んでまた再就職しますので、M字カーブと言われています。神奈川はこのM字カーブの底が全国より低いとされています。先進国ではこんなに落ち込まない。保育園を整備し、産休育休を配慮し、女性が働き続けられる環境づくりが大事だと語りました。

また県議会の女性議員は103人中15人。14.56%。まだまだです。政治の世界にも女性が進出して女性施策を前進させていく必要があります。共に頑張りましょう。

「日本社会全体を覆っている女性差別に抗議します!」

あさか由香さんも参加。県会予定候補の後藤まさみさんも。二人ともなれたもので、ラブリーなプラスターを用意してきてくれました。横断幕もって並んでいると横が見えませんが、報道を見ると多くの男性諸氏も参加しておられてアピール力抜群の宣伝でした。由香さんの訴えをここに張っておきましょう。「こんな社会を変えていくのは私たちひとりひとりだと思っています。」いいなあ(*’ω’*)

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA