戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

神奈川県母親大会に参加 たくさんの願いを噛みしめる

2018年9月24日

久しぶりに写真編集アプリを使ってみたが、ぼけている…横須賀で開かれた母親大会。毎年来歴をリンクしますが今年は世界母親大会が開かれるきっかけとなったことをご紹介します。

⇓⇓⇓

1954年3月1日アメリカがビキニ環礁で水爆実験をおこないました。平塚らいてうほか5名は全世界にむけて(国際民婦連と各国の団体へ)「原水爆禁止のための訴え」を送りました。

 

◆スイスでの世界母親大会に日本から河崎なつを団長にあらゆる分野から代表を選び、14名(下記資料)が参加しました。はばひろい母親運動の出発点です。

◆代表派遣費用は1人約80万円(当時)かかりましたが、地域ブロックが責任を持ち、カンパ活動に全力でとりくみました。貧しいくらしの中から1円、2円と集め、なんと1人平均100~150万円になりました。

◆帰国してから14人は日本中を歩いて、報告をしました。東北の土川マツエさんはまる2年間東北6県を歩いて180ヵ所、神奈川の菅原絹枝さんも毎日4~5ヵ所など全体で2000回も報告会が開かれ、参加者は70余万人。母親運動の種まきとなりました。

⇓⇓⇓

というわけで日本母親大会の全貌はこちら

私は午後からの参加となりましたが、毎回楽しみにしているのが上の写真のような各運動グループからの報告です。私も中学校給食のことなどで報告側の一人として舞台に立ったこともありました。

子どもたちの健やかな成長と平和な社会の醸成を求めて地道に活動する各分野の報告は、議員になってなお一層広範囲に知っておきたいと思うのでした。

道徳教科書やカジノなどは日ごろから問題意識を深く持っているものですが、今日改めて意識したのは農民連のみなさんの訴え。

「TPP11や日欧EPAで安いチーズが輸入されt日本の酪農家がやっていけなくなるという話。安定した食料を提供しようという政策は一つもない。先進国で自給率が38%というのは日本だけ。国連は来年から10年を家族農業の10年と決めた。水増し脱脂粉乳をのまされる前に日本の農業を守る取り組みをしましょう」

また、生存権裁判原告の森さんは「アスベスト裁判を闘っている夫。夫婦合わせて10万円の年金で月6万円のローンを返さなければならず、夫婦で生活保護を受給することになった。野菜魚肉など食べたいが無理な話。たまにしか買えない。着ていく服も50年くらい前にもらった礼服を着ています。子どもや孫に何もしてあげられなかったのが一番の心残りです。何一つ責められるような生き方はしていない。生活保護費の切り下げは本当に生活保護利用者を馬鹿にしている。裁判に勝ちたい」

さあ、今日の集会を糧にまたがんばらねば!

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA