戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

原子力空母NO!ヘイトNO!敵つくりNO!

2018年10月14日

原子力空母が横須賀を母港にして10年目を迎えます。空母艦載機による爆音被害、艦載機乗組員による犯罪、空母が座礁でもして原子炉に不具合があった場合の被爆の危険性…政府の判断がどれほど国民を苦しめてきたか思い新たにヴェルニー公園に集います。

右翼のみなさんも大変な音量で「出~てけ出てけ共産党~!!」とお出迎え。いつになくリズミカル。「いつまでやってんだよ~」と罵声。(母港化撤回までだよ。おまえらこそ、いつまでやってんだよ!)とつぶやきつつ。こういう方々を支持母体にしているのが我が国の政権かと思うとゲンナリします。

はたの君枝衆議院議員 井坂県議 大村横須賀市議 

井坂横須賀市議 私 根岸横須賀市議 加藤県議

写真を撮ってくださった方Kさんありがとうございます。ナチュラルなので載せさせていただきます。

今年の新しい課題はこれ、相模原の補給廠に突然の配備。無礼な話です。

こんなにたくさんの人が集いました。1800人です。写真を撮ってくださったMさんありがとうございます。

沖縄県知事選の勝利に力を得てみなさん意気盛んでした。そして先ほど豊見城市長選でも玉城デニー新知事が推す山川氏の当確が!安倍政権に再びの痛打です!

・・・・・・・・・・・・・・・・

同時刻に日本第一党による全国一斉ヘイトスピーチがありました。横浜では鶴見です。党の地元の地区委員会もカウンター体制を敷き、100人近い市民のみなさんとともに、彼らのヘイトを聴かせることなく終わらせることができたそうです。関東大震災の際、朝鮮人虐殺がひどかった鶴見で精神の殺人といわれるヘイトをまき散らさないために立ち上がってくださったみなさん、お疲れさまでした。

私は、今日は手首に朝鮮学校支援のブレスレット(補助金が切られた分、1つ300円の光るブレスを売って学校を支えるのです。)をつけて、Tシャツはレインボープライドの時に入手したWE ARE ONE!とプリントされたものを着て参加しました。

常備軍をなくしたコスタリカの映画で語られた市民のことばをまたも紹介します。

「コスタリカに軍はいらない。なぜなら敵がいないから」

鶴見のヘイトも、横須賀の空母も、和解を拒む姿勢が生み出しているもの。根は一つです。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA