戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

戦闘機墜落を受けて防衛省外務省要請

2018年11月14日

今日は団会議で一日、代表質問一般質問の中身を練り上げる予定でした。しかし、急きょ、国会の畑野室で防衛省外務省に対して抗議の要望書を持っていく行動が組まれました。

先日よりによって外務省防衛省と国政交渉中に入った戦闘機墜落の一報。11月12日11:45頃米海軍第5空母航空団所属FA-18戦闘機が沖縄県那覇市の東南東の海上に墜落したものです。搭乗員2名は無事でした。エンジントラブルだとされています。この機は横須賀の空母艦載機でした…40年前、今の青葉区荏田の住宅地に墜落したのも空母艦載機でした。

県委員会・県議団・横須賀市議団・大和市議団が提出した要望書は

1.米軍に対して、本件事故の原因を徹底究明し、事故報告書の公表を求めること

2.今回の原因究明まで、陸海など所属を問わず同型機並びに、ロナルドレーガン艦載機をはじめ米軍機の飛行・訓練を中止の措置を取ることを米側に求めること

3.原因究明ができぬ障害となっている日米地位協定の抜本的見直しを米政府に申し入れ、主権国家としての責任を果たすこと。

の以上、極めてまっとうな要望でした。

防衛省外務省ともに在日米軍副司令官に対して

遺憾の意、情報提供、安全管理及び再発防止の徹底等について申し入れたという事ですが、もう同型機の運用が始まっていると言います。落ちたところが漁船の上だったら、住宅地だったらと思うとぞっとします。何ら究明ができていない中で日本にとってはなめられた話です。

〇しっかりと「原因究明」という文言を盛り込むべきだ。

〇報告書はしっかり公開すべきだ

〇同型機を飛ばしていることに抗議すべきだ。

〇そもそも横須賀の原子力空母が沖縄沖で何の訓練をしていたのか情報を明らかにすべき。

などとレクの中でも私たちは主張しました。明日以降県の基地対策課にも対応について話を聞きます。「米軍の運用上の秘密で」の名のもとに大切な情報がひた隠しにされている。命の危険にさらされても米軍はどこ吹く風。われわれは日米同盟は解消すべきという立場ですが、少なくともこんな屈辱的な協定は見直すべきです。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA