戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

日産に県民の税金104億円投入( ゚Д゚)

2018年11月23日

先日、技能者等表彰式がありました。産業労働常任委員に案内をいただいたので、参加させていただきました。

控室では技能者団体の代表の方々とお話しさせていただき、今の時代、戸建てが建たないから例えば経師屋さんがなかなか仕事がない。後継者が育たないというお声をうかがいました。

そして表彰式。理美容から調理、製菓、建築、製造業と幅広に活躍される皆さん、超ベテランから若手まで優れた技能を持つ方が会しておられると思うと同じ県民として誇らしい気持ちになりました。スーツ姿の方が多い中で鳶職の方の半纏がこれまたかっこよかったですね。

この受賞者の中に日産の整備工の方々もたくさんみられました。こういった優れた技術屋さんたちにも支えられて発展した神奈川の看板企業なんだとあらためて思いつつ、神奈川が支出した企業誘致助成金を受け取っていながら、元社長のけた外れの報酬と過少報告という不祥事報道をみていると、助成金がそれが果たして従業員の賃上げに回っただろうかと考えてしまいます。

企業誘致・国際ビジネス課と言う課があります。カルロスゴーン氏の事件を受けて、ちょうど私は企業誘致問題をとりあげようとしているので、日産への県の助成がいくらに上ったか聞くと、2004年にスタートしたインベスト神奈川、2019年に終了予定ですが、横浜みなとみらいの本社に29億657円。厚木の研究所に75億5170万円です。足して104億超。

県内の雇用がどれほど増えたか、県内でどれほどリストラしたか、把握されていません。血税を投じたのに。リストラの有無は助成要件と関係がないという。ついでに県内発注はそう発注額の半分程度。こんなザルのような企業誘致策があるものか。

これに反対したのは共産党とあと、今はなくなりましたが市民の党だけです。ほぼオール与党という体制のもと、日産という大企業に県民の税金が誘致策として投じられました。交通利便性や消費地の近さなど、助成金を出さなくても企業がくる立地なのに。というあたりを私は代表質問で指摘する予定です。

港北の子ども用プール、2億円の改修ができず潰すと言われています。

定時制高校の夕食提供補助金、1人70円ほどを削って年間55万円が浮いたそうです…

税金の使い道って本当に関心持たないと大変な事態になります。

技能表彰を受けられたみなさん。おめでとうございました。

 

 

コメント

  1. 中村 孝より2018年11月25日 10時36分

     みみっちことには一生懸命、大企業にはそれはそれは大盤振る舞い。私たちは賢くならなければなりませんね。

  2. 大山奈々子より2018年11月26日 22時14分

    中村さん

    懐から出て行った税金の使途。
    政務活動費もそうですが、本当に私たちは賢くならなければいけないと思わされた事件です。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA