戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

箕輪小学校用地を高く買わされた横浜市?住民監査請求へ

2019年1月8日

横浜市港北区の野村不動産のマンション建設予定地の一角を横浜市が小学校用地として買い取りました。

このマンション建設自体、高さ制限20メートルの規制を一挙に60メートルまで緩和して1320戸を建設予定。通勤通学の混雑がかねてより指摘されている地域で我々も歩道の確保などなんども区に掛け合ってきた地域。それらの問題が解決されないままに一挙に人口を集中させる横浜市の姿勢は大問題で、周辺住民には高さを示さない平面図や高さの縮尺がおかしい立体模型で建設計画を説明するという不実なことの進め方。住民のみなさんいよる、周辺環境に配慮した建設を求める運動が起こっています。

そんな中、野村マンションに隣接する、マンションの価値を上げることになる小学校の用地の購入価格が極めて疑わしいものであることが判明。税金返せの住民監査請求へと発展しました。今、参加してくださる方を大募集中です。詳しくは下のリンクをご覧ください。

ただす会チラシ②(折り込み用)

ただす会チラシ③(折り込み用)

ただす会チラシ④

住民監査請求書

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA