戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

ふふふ 活動日誌

井上冬彦氏写真展 @綱島イトーヨーカドー

2019年2月3日

港北区で開業されている内科医であり、写真家でもある井上冬彦氏の写真展が綱島商店街連合会・綱島商店街協同組合の主催で開かれました。市のイベントとも合わせて大きく取り組まれています。ジャンゴの音に誘われるようにイトーヨーカドーの写真展に足を運びました。

案内のチラシより

1/26(土)~2/10(日)まで、イトーヨーカドー綱島店1Fにて、井上冬彦写真展「サバンナ・動物親子の物語」を開催します!

この写真展は、今夏横浜にて開催される「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」のPRイベントとして、横浜市の協力のもと開催されるものです。

写真家の井上冬彦先生は、綱島の「井上胃腸内科クリニック」(綱島西3-2-20 綱島別所プラザ2F)の院長先生です。子どもの頃の夢が「動物学者か動物写真家になること」だった井上先生は、現在医師として日々診療に携わる傍ら、年末年始やお盆などの長い休みになるとアフリカのサバンナへ出かけ、精力的に写真を撮っていらっしゃいます。サバンナの大自然の魅力と感動を写真を通じて皆さんにお伝えすることが井上先生のライフワークとなっています

↓↓↓

以前、サバンナの写真集を貸してくださった地域の方と井上先生。会場でお会いしたので写真を撮らせていただきました。展覧会の写真も撮影可ということでした。

最初はピンボケばかりだったとおっしゃるのが信じられないほど、圧倒的な力で被写体の生の営みが迫りくる写真展でした。

サバンナの大自然には、生命の本質について思い出させてくれる 力があると語る先生、写真と医療はともに人を癒すという共通項がある。生命の本質について何十年も考え続けて書いた本ということで『マイシャと精霊の木』を著されました。私も読んでみたいと思います。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA