戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

横浜市港北区の駅頭紳士協定

2019年2月16日

私の大好きな不定時不定点宣伝を始めています。

もちろんこれは定時定点と並行です。

いつもは会えない人たちに出会い、お声掛けいただき、いろんなご意見をいただき、というチャンスが増えるのが不定時不定点。

いつもの時間を下にずらしてもらったり、特に設けたり。

これは綱島駅お帰りなさい宣伝。

港北区では「共産党の定時定点宣伝は尊重する」という約束が自民党、立憲民主党、国民民主党の間で交わされています。

私が最初に2011年の県議選に出た時は、血気盛んな民〇党の若い候補者と私が駅でつかみあいになりそう(と、周りが思っただけですよ(;^ω^))張りつめた空気になったりしたこともありました。

この紳士協定(おっと、淑女協定?)の最初は自民党さんでした。のちによく駅でバッティングした自民党の国会議員さんに『ここに大勢くるので移動するのが難しいんです。私たちの定例にご配慮いただけるとありがたいんですが』とお願いし、この申し出に応じてくれました。折に触れ、秘書さんが変更や追加はありますかと聞いてくれます。

「自民党さんも配慮してくれている」と他のよく宣伝している党にもお願いすると、民進党さん、のち立憲民主さん、国民民主さんも私たちの定例宣伝表を把握してくださり、そこは空けてくれて新しい候補がでてもそれが受け継がれています。国政選挙の時は選対同士で駅頭宣伝調整の話し合いがもたれます。前回の衆院選は共産党としては独自候補をだしていないのでこの話し合いには参加できませんでしたが。

不定時の場合はやはり先着優先ですが。これからますます熾烈になります。他の地域はどんな感じでしょうね。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA