戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

岸根高校卒業式 ♪四方の国々 友として♪

2019年3月5日

3月1日は港北区内三つの県立高校の卒業式でした。最初にご案内いただいた岸根高校にうかがいましたが、新羽高校、港北高校のみなさん。そしてすべての卒業生のみなさんおめでとうございます。

今年は元気な声で返事する子が多かったり、退場時にクラス全員で先生に呼びかけたり、のびのびした空気を感じました。子どもたちが通った篠原幼稚園のそばでもあり、後任の園長先生や元PTA会長や娘の同級生のママや懐かしい人たちにもたくさん会えました。

そしてこの一角の校舎にある鶴見養護学校の分教室の子たちに思いをはせ…みんなおめでとう!

私がクラス担任した子たちを見送った式はもう…32年前!!

もうお別れかと思うと泣けて泣けて教室で子どもたちに慰められてたなとか。あの日を最後にほとんどの子に会えてないなとか、しみじみ考えました。教師という職業は短いスパンで別れを余儀なくされ、楽しくも残酷だとあの時ふとおもったものでした。

そんなことをおもいながら式に参加しているので、先生の呼名ひとつひとつに、呼ばれても姿が無い子どもたちの背景ひとつひとつに、泣けてくる思いがします。

さらに卒業生のメッセージに母校愛を感じると、県立高校改革でその心のよりどころである母校を消し去ってしまう神奈川県の教育行政の冷たさに暗澹たる思いになるのでした。

校歌が実に素晴らしい歌詞でした。

「我等求めん平和の道」「四方の国々 友として」

四方の国々を敵視して防衛力強化を狙う安倍政権に聞かせてやりたい。何度も歌う校歌の歌詞は重要だと今さらながら感じました。

わが子も卒業式でした。第二子なので勝手に大きくなってくれた感じのせいか、娘は私を友達だといいます。いいのかな。(笑)

お兄ちゃんに撮ってもらった写真が気に入ったのでFacebookに使ったものを再掲します。

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA