戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

県民を幸せに♥岸牧子さんを新知事に。緑の党も支持♥

2019年3月24日

知事選挙の火蓋が切って落とされました。岸牧子さんの神奈川新聞の記事を見て思わず快哉を叫びました。冒頭の岸さんの言葉。

「私が知事になった方が絶対、県民が幸せになるという自信がある」

これ、私が県議選立候補を決めた際に家族を説得した言い方に酷似。小学生だった娘が立候補を認めてくれた決め手でした。

「ママが議員になったら絶対自殺者が減る」

このはったりが議員生活を経て確信に変わりましたけれどね。

下の写真はしいばかずゆき参院比例予定候補とあさか由香選挙区予定候補。16人の県会予定候補。

岸さんのスローガンが「誰一人取り残さない県政」

私が掲げてきたスローガンが「いのちを守る大山奈々子」から「誰一人取り置き去りにしない県政へ」(命を守るだけではいかんと進化形です。)

どちらも国連のアジェンダSDGs(エスディージーズ)に由来するものでしょうけれど、この方に知事になっていただいて、福祉先進県と言われた神奈川にReborn (リボーン・再生)させたいものだと思いました。

第一声の地、桜木町の駅前を埋め尽くす人々。私たちも前にでて連帯の意思を示しました。緑の党の支持を得られたのがさすが園芸家にして平和活動家の岸さんらしいと思いました。

個々での演説で、強く胸を打たれたのが「私は県民の盾になる知事になろうとして立候補を決意しました」

目頭が熱くなりました。ともに勝ち抜きましょう!!

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA