戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

「共産党名前変えたら?」「政策は自民党の100万倍いい!」

2014年11月17日

FullSizeRender

大倉山宣伝

KIMG2261

綱島宣伝

このところ、マイクをつけないで駅頭にたつことが増えました。

これ、実にいいのです。話しかけてもらいやすいから。

先日の大倉山では〇が通った人。

〇「応援してるからな。がんばれ!あと、名前変えなよ。不破に言っときな」

私「えっと…志位さんでしょうか。」

〇「いや。不破がだめだってんだろ?」

私「いや、私たちも変えたくないんです。この名前で命がけで侵略戦争と

闘ったんですから。旧ソ連や中国共産党のイメージで人権弾圧するんじゃないかと

思われがちですが、私たちは日本の共産党。そういう国民の自由を奪うものとはずっと

闘ってきたんです。戦争はその最たるものですよね」

また、そのあとに

「大山さんねぇ…。共産党じゃなければ入れるのに」

「え~っ?!共産党の組織力があるからこそ、国民生活の実情がつかめるし、

共産党だからこそ、国民の側に立った政策提案ができるんですよ」

また、その直後に

「共産党は名前で損していませんか。政策は自民党の100万倍いいのに。」

「100万倍!(笑)名前で損してる部分もあるかもしれませんね。(志位さんは何かの

インタビューでそうは思わないとおっしゃっていましたが、私はあるかもと思います)

ご厚意から変えろというアドバイスをいただきます。この名前を使う以上はきちんと説明しなければですね。」

「そもそもイメージの悪い『共産主義』国家はあれはホントの意味での共産主義だとは考えていないんです。」

「でも、共産党というならば、共産主義をめざしているんでしょう?」

「そうですけど、モデルがありません。まずは資本主義の枠の中で国民が主役になる本当の民主主義が尊重される国にして、そののちは議会で多数をえて、次なる体制を国民とともに探して築いていこうと思っているんです。」

「ほおお、理屈はわかった…」

 

という会話がなされ、本当に今、党そのものを語らねばいけないと、痛感した日でした。

 

 

 

 

 

コメント

  1. 鈴木やすより2014年11月17日 09時14分

    沖縄でオナガさん当選!
    そして総選挙近しですね。
    選挙に関してビスマルク(オットー・フォン・ビスマルク:プロイセン王国宰相、ドイツ帝国初代宰相、1815~1898)のことばを思い出しました。
    「人が決まってウソをつくとき。それは狩りの後、戦争の最中、そして選挙の前。」
    私たち有権者は投票という行為を前にして限られた時間の中で真剣に考えなくてはなりません。将来の日本のこと。そしてどの政党及び候補者が本当の意味での住民の「生命」と「暮らし」を守ってくれるのかということを。
    はたのさんの議席奪還は必須ですね。そして大山さんの県議会の議席奪取も。沖縄の流れを神奈川県にと切に願います。

  2. 鈴木やすより2014年11月18日 18時02分

    確かに「中国共産党」とどう違うかとか、「共産党」という名前を変えるべきとの声は相当数存在するのでしょうね。
    極端は意見では「スターリン」(ソ連の独裁政治家)の手法と同一ではないのかという声すらも聞いたことがあります。
    但し相当数このような誤解等あるものと思われます。この辺りをきちんと説明し(かなりの労力は必要でしょうが)誤解(場合によっては「偏見」)を払しょく出来れば相当数の支持も拡大されるものと思われます。
    このあたりの説明は大山さんの「ひたむきに県政 大山奈々子(ナナコファンブック)」に詳しいですよね。

  3. 大山奈々子より2014年11月19日 00時26分

    鈴木様

    そうなんです。ナナコブックがご好評いただいているのも、あの日本共産党Q&Aコーナーが本音でかたっているのが面白いのかもと思います。
    党そのものを語るにはかつて作った配布物があるので今後またそれを配ろうかなと思います。や、そしてこのブログ上でもシリーズ化しますか。

  4. 中尾より2014年12月10日 16時25分

    通りすがりのものです。ちょうど先ほど、友人との間で、共産党の政策を支持してると話したら、共産主義なんて絶対ダメだ、共産党に投票するのはもっと冷静に考えた方がいい、という話題になり、あー共産党って名前で損してるなとすごく痛感していたところです。同じように思っている方がいないか検索してみたところここのブログを見つけました。私の回りでもきっとすごく誤解されてる方が多いと思います。共産党の方々からしたら、とても思い入れがある名前なのだと、こちらのエントリーを読んで感じました。名前が変えられないのであれば、誤解を解くことにぜひ力を入れていただきたいと思いました。レーニンや毛沢東と同じことをしようとしている集団だと思われているようですよ。

  5. 大山奈々子より2014年12月11日 02時33分

    中尾様

    コメントありがとうございます。
    そうですよね、誤解を解かなければですね。

    日本共産党中央委員会HPの「政策」バナーにQ&Aがあるんです。さらにご理解をふかめていただきたく。

    その線での宣伝、がんばります。

  6. 大山奈々子より2014年12月11日 02時58分

    中尾様

    すみません、「政策」ではなく、「党紹介」でした。

  7. 越智正広より2017年09月30日 12時21分

    何故政権を取って与党になろうとしないの?もっと候補者を増やして、議席を増やすことを何故しない?少数では結局負け犬のなんとやらで終わり!力を着けること考えなくては!党名を変えるだけでかなり変わるはず!なんだかんだ言い訳しているのは結局与党になって国を変える自信がないのでは?もっと頑張れ!国のことを思うのであれば党名なんてこだわる必要あるか?

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA