戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

県会から衆議院へ

2014年11月23日

お久しぶりです。

衆議院小選挙区7区に名乗りを上げて以来、激動の宣伝や事務仕事があり、

さすがに頑丈な私も机の前に座れない日が続きました。

 

タイトルだけ見ると県会議員が国会議員になったみたいなタイトルですね(笑)

目指すものが変わったという話ですが、衆議院解散前の

この1週間は心も家族も揺らいだ日々でした。

この衆議院解散を受けて党機関から、県政をめざしていた私に衆議院へと

要請がありました。

 

有権者のみなさんに不誠実なことになりはしないかと悩みました。

しかし、弱い者いじめの政治を許さないという意味では

国で仕事をした方がさらに影響力もあり、県民を守る仕事にも

直結するのではないかと、この間、県政に向き合って

国の壁にぶち当たってきただけに私の気持ちはすぐに決まりました。

 

ご相談した雑貨屋さんの店主が

「正直、県会ってぴんと来ないけど、大山さんにはぜひ国会でがんばって

ほしいですよ!」と応援してくれたり、

駅頭で緑の党の党員の人に話しかけられ

「今回国会でがんばってくださいよ、うちは小さいから…名前変えたらと思うけれど

共産党の政策は自民党の100万倍いいんだから!」(前回書きましたね。)

と励ましていただいたり。

 

有権者のみなさんもわかってくれるのだと背中を押されました。

 

家族の中でも家事をずいぶん担ってくれている夫はさらなる

負担増(消費税増税の話の時によく使う言葉ですが)かと

暗澹たる気持ちになったようです。

 

受験期の子どもたちへの負担増も心配だったよう。

ですが、私としては地方選にむけてもフル稼働しているつもり

だったので、今以上に負担が増えることは決して(たぶん)ないと。

 

何度も家族で話し合ってやっと受けることを決意するまで三日。

その間の写真をアップします。

綱島2

綱島1

ポスタスキ、目立ってますねぇ。

白井市議もピンクの自分のポスターを切り貼りして

イメージタスキを製作しました。

お金と時間がない分は知恵でカバー。

DCIM0198

菊名駅でホームドア設置を求める署名を集めていたら

弁護士の森先生が通りかかられ…

衆議院に出るべきだとアドバイスしてくださっています。

家族と折衝中だった私の微妙な表情。

KIMG2280

夜に白井議員と日吉駅に立ちました。

横浜にカジノはいらない、の横断幕を貼って。

「カジノなんて何考えてんだか”(-“”-)”」

「カジノ、いいじゃん」

「俺は何年来ずっと共産党を応援してるんだ」

「〇〇中学PTAではお世話になりましたぁ」

KIMG2281

マイクがないと本当に多くの方と対話できる、

その実感が私たちを高揚させています。

高揚して手ブレがはなはだしくお見苦しく失礼。

でもこの黄色いプラスターは今の私の一番のお気に入りです。

消費税増税ストップの対案はこれです! 

 

 

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA