戦争する国づくりストップを!
ひたむきに県政
神奈川県議会議員

大山奈々子

おおやま ななこ

活動日誌

土の匂いを嗅いだ日 中井町の農家さんにお話を聴く

2019年9月16日

 

 

 

今年は環境農政委員だと地元で話した時、地元の元農業普及員の方が、現場を見た方がいいとのことで、農民連の方を通じ、農家さんを紹介してくださいました。

神奈川の農業の課題や現状を知るためにお話をうかがいました。秦野駅で待ち合わせて送っていただいたのですが、そこは中井町でした。(神奈川の地理を頭に入れるのも難しい(>_<))

お宅についたら生姜の出荷の最中でした。玉ねぎの出荷も控えていると。全部宛先は大阪だとのことです。「安く買いたたくスーパーには出さない。うちの野菜の価値をわかってくれるところに出す。」

みかん箱を伏せた上に座らせてもらって、こちらの農家さんがそだてていらっしゃるご自慢のキウイをいただきながらお話を伺いました。ふと気づくと2個まるまるくらいいただいていました(^^;

作業着には大粒のシミが。さといも畑に入ると飛ぶんだよなーこうやって。と。こちらの農家さんは狩猟や罠の免許も持っておられるという事で、鳥獣被害のお話、猟友会や狩猟免許のお話をリアルに聴くことができました。他にJAのみなさんと懇談した結果をもとに、農業委員会のこと、豚コレラのことなどなど私が思いつくままに聞くことに丁寧におしえていただきました。

 

帰りには畑を見て回りました。広大な里芋畑。ここまで背が高くなるのもなかなかないよと。土を研究し、改良に改良を重ねていろいろな作物の収量を普通の1.5倍に増やしてきたと。

台風で多くがなぎ倒されていました。

キウイもたわわで確かにうちの母の庭にあるキウイとくらべても格段に実の付き方が違いますし、「イガイガした酸っぱさがないだろう?」とおっしゃる通り。非常においしいキウイでした。

この日は午後に本会議を控えており、駆け足の視察ではありましたが、少しは実感をもって課題に向き合えるかなと思いました。もっと現場体験を重ねていきたいと思います。こちらの農家さんは大規模でブランド力もあるいわば大成功を収めておられる例ですが、新規就農でご苦労されているところなどもうかがいたいと思いました。

お話の中で中井町だけで通用する通貨「きら」のお話を聞き、これも非常に興味をもちました。知らなかったなー。

ご案内いただいた方、取材にご協力いただいた方々、ありがとうございました。

 

 

コメント投稿フォーム

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

CAPTCHA